ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

ゆたぼん君を叩いている人たちの気持ち悪さについて

この記事をシェアする

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/22/23/57/fire-2777580__340.jpg

最近話題になっている「不登校YouTuber」のゆたぼん君。沖縄に住む10歳の少年だ。茂木健一郎氏など著名人が応援を表明したり、その反対に否定的な意見を投げかける人も多い。その意味では社会に対して強烈なビーンボールを投げたとも言える。

はじめに

僕自身の見解としてはゆたぼん君の一連の行動に若干の疑問符がつきます。一応行きたい時には学校に行ってるようなので、完全な不登校ではないようですが。それでも可能であれば学校には行っておいた方がいいよ、と言いたい気持ちがあります。それは学校というのは単に算数や国語といった勉強をするためだけの場所ではないからです。友達や先生との関わりから社会性を学べます。学校の授業も点数どうのこうのよりも将来の知識や教養のベースとなる学ぶ力を養うためにあるのだと思っています。なので、その過程をすっ飛ばすと考える力がうまく身につかないのではないかという懸念があります。それでは自分自身の可能性を狭めることになりかねないので、絶対にどうしても行けない理由がなければ学校にはいった方がいいんじゃないかな、と思う次第です。

ゆたぼん君が批判される理由

んで、ゆたぼん君が批判される理由なんですが。一つはゆたぼん君の不登校が「宿題が嫌だった」ことと「先生の言うことを聞く同級生がロボットみたいだ」という言動が原因じゃないかと思われます。もう一つは彼の父親。なんかどうも胡散臭い。メンタルヘルスなんちゃら協会みたいな民間の心理学研究サークルの人らしい。父親の都合のいいように利用されているのではないか、という疑念が多くの人の拒否反応につながっているんじゃないかと。で、本稿ではゆたぼん君の父親の胡散臭さについては触れません。機会があれば書きたいですが。今回はゆたぼん君自身を叩いている人たちの気持ち悪さについての記事なので。まあゆたぼん君の言動は多分に父親の影響下にあるのでしょうから切り離して考えるのは難しいですが。

不登校の理由なんてなんでもよくない?

ゆたぼん君の「宿題をやりたくない」から不登校になった、に噛み付いている人がいます。自由を履き違えるな!と。僕は思う。じゃあ10歳の子供に好き勝手に罵詈雑言を浴びせるのも自由を履き違えた結果じゃね?と。

 

たとえばいじめに遭ったとか健康上の理由とか、どうしても学校に合わないとかそういう理由は「良い不登校」で、単に学校が嫌いなのは「悪い不登校」ということになるのかな。僕からすれば子どもが不登校になる理由にいいも悪いもない。少なくとも周囲の人間が勝手に決めつけるのはさすがに他者を軽視した考えだと思います。子どものくせにサボるな!といっている人いるけどさ。じゃあその人たちは今現在、仕事サボらないの?街中を歩いてごらんよ。その辺でさぼってるサラリーマンいくらでもいるでしょう。

 

いや別にサボリーマンが悪い、といいたいわけではない。そりゃあ時には息抜きしたくなるのも仕方ない。僕だって会社員時代はサボったことある。ていうか独立した今も(笑)

 

考えてみて欲しい。いまサボリーマンを決め込んでいる人たちの多くは小学校に真面目に通っていたのじゃないでしょうか。サボらない習慣が身に付いたかというとどうだろう。できれば会社サボりてーなんて普通に考えてるもんだからね。つまりさ、小学校を真面目に通ったとしても大人になったらサボる時はサボるんだよ。

 

そんな人たちがえらそーに「学校をサボるなんてけしからん!」って言ったって説得力ないのよね。もちろんサボるにも限度はあるでしょう。だから親がきちんと目を光らせておく必要はあります。未成年の場合は特に。「これこれこうだから将来苦労する。だから学校に行っておいた方がいいよ」こう非難するのであればまだわかります。しかしサボるなんてふざけてる式の批判(というか罵詈雑言)はまったく意味わからんのです。

ロボット発言について

もう一つ、ゆたぼん君が叩かれている理由は彼の「先生のいうことを聞く同級生がロボットに見えた。自分はロボットになりたくない」という発言が刺さったのでしょう。生意気な!とかゆたぼん君自身が親のロボットじゃん!とか他人のことを悪く言うのは許せないみたいな。

 

みんななんか大事なこと忘れてない?ゆたぼん君まだ10歳だよ。10代のが気なんて基本的にバカでクソ生意気なものじゃないの?少なくとも僕はそうだったよ。

 

思い出すのは数年前に広瀬すずさんが叩かれた件です。ある番組で音声とかの撮影スタッフのことをバカにした!と大炎上しました。実際広瀬すずさんがどういう意図で一連の発言をしたのはは分かりません。別に裏方をバカにしたわけではないのかもしれない。見下したのかもしれない。この炎上が尾を引いているのか今でも広瀬すずさんの性格についてあれこれ揶揄する情報がネットには転がっています。

 

この発言をしたとき広瀬すずさんはたしか17歳かそこらではなかったのではないでしょうか。当時僕は思いました。17歳の子が言うことに何いちいち目くじら立ててるの?と。子どもって向こう見ずで生意気なくらいの方が良くない?誰とは言わないけど、常に優等生的なことしか言わない子役とか見てて気持ち悪いもん。ぜんぜん心入ってないじゃん、名前と全然違うじゃん、と思ってしまうんですよ。

 

考えたら自分が20歳くらいのころはホント世の中見下してましたもんね。もう会社員とかに対して「俺はああはなりたくない」とか謎の拒否反応(笑)自分がひとかどの存在だとでも勘違いしていたんでしょうね。でも別にそれでよくないですか?どうせ成長するにしたがって人生って思ったより奥が深いぞ、って気づくんだから。そのうち。そこで自分を省みる。まぁ気づかないでいい歳こいていまだにサラリーマンdisったりしているダサい大人もいますが。

 

たかだか10歳の子どもの発言にいちいち目くじら立て過ぎなんだよね。ほんとに余裕がない社会だな、と感じます。「あぁ子どもがなんか言ってるなあ。ま、少しくらい尖る分には問題ないよ」これくらいの鷹揚さを見せたいものです。大人としては。

親が背後で糸を引いているのか

これについてはいろいろ言われてますね。たしかに僕もゆたぼん君の親はなんだか胡散臭そうだし、もしかしたらゆたぼん君、親が用意した台本とかをしゃべらされたりしてるんじゃないだろうかと思わなくもありません。しかしそれはいまの段階では憶測でしかありません。

 

事実がはっきりしないのに、憶測で誰かを叩くのを慎むくらいのリテラシーは持っていたいと思います。

ゆたぼん君は今後どうなるのか

そういえば時を同じくして家庭内で起業した小1の子の話がありましたね。とても賢い子どもだ、と。で、この家庭内起業家の小1君とゆたぼん君を比べる向きもあります。当然家庭内起業家の小1君のほうが上の評価です。しかしそうやって比べるの止めませんか。価値とか負けとか能力が高いとか低いとか。しかも本人たちが競ってるのではなく、周囲が勝手に比較して点数つけて優劣決めて、下の方をバカにしている。

 

十分醜い大人だよ。君たちは。おめでとう。ゆたぼん君以下だね。

 

さて、ゆたぼん君が将来どうなるか。それはまったく分からない。答えが出るのは5年後?10年後?もしかすると3か月後には通常通り学校に通っていることになるかもしれない。なんか目に浮かびます。「ほら見ろ!うまくいかないだろ!」「ざまぁwww」などの罵詈雑言を浴びせる人たちが。いやその時はその時で君らがいま言ってるように学校に通うようになったんだからよくね?と思うんですが。

 

結局のところいまゆたぼん君を叩いている人は彼に何かを投影して叩きたいだけなんじゃないのかな。ハッキリ言って異常だよ。いい年下大人から寄ってたかって叩かれていい10歳なんていない。ゆたぼん君が気に入らないなら放っておけばいい。わざわざ本人宛に罵詈雑言飛ばしている大人は自分がいかに気持ちの悪い人間かを自覚すべきだね。

 

幸福な王子―ワイルド童話全集 (新潮文庫)

幸福な王子―ワイルド童話全集 (新潮文庫)

 

 

 

 

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

 
銀河鉄道の夜 (280円文庫)

銀河鉄道の夜 (280円文庫)

 

 

 

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける