ジンジャーエール

辛口エール

ハートフルTV~障がい者は社会のお荷物か~

スポンサーリンク

まったく暑い。

暑いとイライラしておかしくなりそうだ、という人もいるかもしれない。

しかし世の中には暑くなくてもイラついてておかしな人もいます。

 

NHKの福祉情報番組「ハートネットTV」7月26日放送回で紹介されたコメントが物議を醸してて、そのような内容のコメントを紹介したNHKに賛否両論があるようです。

ちなみに僕はこの番組見てないです。8月2日13:05~13:35(今日だ!)で再放送されるそうなので録画をしておこうと思う。

悲惨な事件からはや1年

番組の概要としてはあの相模原の障がい者施設での事件から1年ということでの特集らしい。この事件に対して視聴者から様々な意見が寄せられ、その中にかなり差別的なものがあったそうだ。

例えばーーー

障がい者は私たちプロの社会人戦士から見たら、目障りかつ邪魔以外なにものでもありません。お願いですから障がい者はこの世から全て消えてください 

 あるいはーーー

正直、今の日本に障がい者を保護する余裕はありません。普通の人でも生きるのが精いっぱいなのに、生産性のない障がい者を守ることはできません 

 といったもので、障がい者への差別・偏見を助長するものでなぜこのようなコメントを紹介したのかという批判もあれば、差別する側の本音を臆することなく晒したという意味で賛同する声もあるそうです。

差別をする人間への僕の考え

人種差別であれ、職業差別であれ、障がい者差別であれ基本的に差別に対して僕が思うのは差別とは差別される側の問題というよりは差別する側の問題だということだ。もっと言えば差別される人間(集団)がくだらないのではなく差別する人間がくだらないから差別というのは起きるものだと思ってる。

差別をする人間というのは僕の中では

①自分に自信が無いから弱いものを見つけて攻撃することで自分を守る

②自分が心底情けない存在だということに無自覚。つまりただのバカ

のいずれか(あるいはその両方)に該当する。

プロの社会人戦士(笑)

これはヤバイ。かなり笑いますね。プロの社会人戦士(笑)。流行語大賞にノミネートしたいくらいだ。社会人というのは仕事をしてその対価として報酬(たいていはお金)をもらっています。要するに社会人として仕事をしている以上、みなプロなんです。そんなのは普通の人は言われなくても分かってる。責任を持って仕事をして正当な報酬を得る。それは当たり前のことだからわざわざ自分のことをプロの社会人と名乗る必要がない。ましてや戦士(笑)なんて。そこまでして言葉を飾らないと自分の社会人としての存在意義を確認できないのでしょうか、このコメントの主は。

生産性のない障がい者(笑)

このコメントをした人にとって生産性って何なんでしょうね。生産性という言葉の意味をよく考えてもらいたいものです。意識高い系の人に多いのですが言葉の意味も考えずやたらと生産性だのPDCAだのKPIだの言いたがる人いますよね?おそらくコメントした人は単純にモノを作ったりすることが生産性だと考えてるのでしょうがもちろんそんなわけない。たとえば生産力は低いけど付加価値の高いモノを創れる障がい者がいたとしたらーー高付加価値であれば同じような製品でも高く売れる。少ない資本、労力で価値の高いものを生産できるなら生産性が高いと言えるのではないだろうか、ということくらいは少し調べればわかることです。そしてそういう実例(高付加価値のモノを産み出す障がい者がいること)も調べればすぐにわかる。それも分からずすぐに他人を見下すのはタダのバカである。

仕事ができない人ほど仕事が‐仕事が‐言いたがる

さて、上記の二つのコメントに共通するのは自分をいっぱしの社会に役立つ存在と思ってることです。

プロの社会人戦士(笑)やMr生産性(笑)に伺いたい。あなた方は年商1,000億くらい売上げてる会社を経営してるのか。従業員を1,000人単位(その家族を含めれば3,000人くらい)で養ってるのか。世の中に役立つサービスや製品を世の中の人々に届けているのか。あるいは仕事外で地域の活動に貢献してるとか。(ちなみに僕は今年から町内の体育部長になった。この歳になって体育部長などやる羽目になるとは思わなかったが。断れよ。しかし地域住民の健康と連帯のためだ。全然顔をあわすことのないジジババだらけの限界タウンだけどね。前任者が17期務めたっていうあたりに狂気の限界っぷりが見て取れるのではないだろうか…)

まさか自分の給料+α程度しか稼いでないなんてことはないよね?

それただのサラリーマンじゃん。(ちなみにこういう人達はやたらと自分をビジネスパーソンといいたがる。なぜだ)

 

例えばスゲー稼いでるスゲー経営者や凄腕ビジネスマンからみたら自分の食い扶持程度しか稼げない奴は存在しないも同然だし、むしろ自社の利益を食いつぶす目障りで邪魔な存在でしか無くない?だからお願いだから消えてくれない?(つまり解雇だ。トランプ流にいえばYou're fired!

ウチの会社生き残るのに精いっぱいだし、生産性のないヤツを保護するほどウチの会社余裕ないからね?(つまりクビだ。海原雄山先生風にいえばおまえはクビだっ!出て行けぇっ!

 

障がい者はまともに仕事ができない、だから邪魔だ、と考えてる人がいる。

しかしモノサシを変えると、つまりメチャクチャ仕事ができる人から見れば普通程度の仕事しかできいない人は邪魔だということになるだろう。そうなると障がい者も同然じゃないか。自分がそう言われる危険性があることを考えればそんなに簡単に障がい者disなんてできないと思うけど、まぁだからこそ弱者につらく当たることでしか自分をたもてないのだろう、こういう人達は。

 こんなことあるわけないが、仮に、ある一定のレベル以下の成果しか上げられない人は今後障がい者として認定しますというように世の中が変わったらどうするのか。今の健常者障がい者の分け方なんてのも一方的にラインを引いただけでしょ。自分が未来永劫そっち側に行かないなんて根拠はどこにあるのかね。

フラットな世界

物事を縦の関係でしか見ない人というのは結局上と下しか見てないので視野が異常に狭い。

対してフラットな関係を築ける人は視野が広い。

どちらが有用な人間かは言うまでもないでしょう。

 

繰り返すけど差別なんて自分の愚かさをせっせと世に宣伝してるだけなのでさっさとやめればいいのにね。