ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

東京医科大の女性差別と労働環境に対する意識の古さ

スポンサーリンク

カネさえ積めば点数を恵んでくれる東京医科大学。もっともこうした裏口入学自体は、残念ながら他の大学でも行われているだろう。

その東京医科大がまたとんでもないことをやっていたと報じられています。

女子の受験者の得点を一律に減点して、女性の合格者数を意図的に抑えていたとのことです。事実ならもう教育機関を名乗るのを止めたほうが良さそうな悪質な事案です。

 

最悪、だがどうでもいい

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA_eigokyoushi15215934_TP_V1.jpg

東京医科大学は私立の大学なので、学校の方針とかは公序良俗の範囲内であれば好きにすればいいと思います。*1

 

ま、でも多くの人が「こんな不公平で、時代錯誤な感覚を持っている大学では大したことを学べないだろう」と受験を敬遠するようになれば、またそうした大学で養成された医師がいる東京医科大病院を避ける人が増えれば単に法人の経営が立ちいかなくなるだけです。

*2

 

東京医科大のしたことは最悪です。で、それで潰れたとしても自己責任です。ていうか大学としての存在意義すら疑問に感じます。

なぜ女子の得点を減じたのか

報道によるとある関係者は女子受験者の得点を減ずることは「必要悪だった」と述べています。意味不明だよ。

 

女性は医師になっても結婚や出産などで離職する可能性が高く、そうなると法人が抱える病院が医師不足になる恐れもある。だったら最初から女性医師になる人間の数を少なくしとけばいいじゃん!男性医師をより多く誕生させればいいじゃん!ってことなんだとか。

 

いや、もうほんとにアホですね。真正のアホ。

日本が世界から置き去りにされている理由がよくわかります。

 

あと、今回の件で高須クリニックの人は「東京医科男子大を作れば無問題」とどこにピントを合わせているのか捕捉しづらい話をしています。全く意味不明ですな。女子へは採点において差別するよってのを隠して受験生を集めているのが問題でしょう。受験料とっているのだから詐欺じゃね?ってな話で。

大学というか就職予備校

この問題の原点の一つは東京医科大が教育機関としての使命や役割よりも、就職予備校としての機能を重要視したことであると考えます。要は系列の病院で医師不足に陥るのが嫌だから出産育児等での離職リスクが(男性医師に比べて)高い女性医師を敬遠し、それならそもそも女性医師の数を制限すればいいだろ→入試でこっそり減点という安易な考えを持ったことです。

 

就職は大事かもしれんけど、大学としての役割は何よりも優れた医師を育てるための教育ー知識技術はもとより倫理観等ーを育てることにある。労働者を育てることではないはずだ。

 

東京医科大に限った話ではないけど、最近の大学の就職予備校っぷりはさすがに目に余るものがあると感じます。質の高い教育よりも、就職率に一喜一憂するなどもはや最高学府がただの言葉上の概念と化しているのか、と思わせるほどです。

離職の原因を作っているのは誰だ

仮に女性医師の離職率が男性医師に比べ高いとしても、その原因を作っているのは女性だけじゃないだろうに。男性にだって責任があります。なぜ女性医師だけがハンデを追わなければならないのでしょうか。

 

むしろ考えるべきは、結婚とか出産を機に女性が離職せざるを得ない状況をどうしたら変えられるのかではないのか。妊娠し、出産し、育児をするのは女性だけに課せられた役務なのかい?

 

女性が長く働けるような環境づくりをするよりも、女性の就業者自体を制限する仕組みを作ってしまおうというのはいまだに日本でよく見られる労働環境です。優秀な女性よりも多少は劣っても男性の方を優遇するというのであれば100年あっても生産性なんて向上しないぜ。

 

もちろん医療業界全体を取り巻く問題もあるでしょう。慢性的な人手不足や責任の重さ。ハードな職務。元が高給だからという理由で残業代が支払われないのが当然という風潮とか。医師全体の生き方、働き方の改革は避けられない状況です。だいたい家族との時間がなく私生活が幸せでない医師や過重労働で精神的に参っている医師の診察は怖くないですか。誰にとっても不幸なことです。

いまこそ安倍首相は動くべきだ

さてこうした事態を見て安倍首相がどういう動きをするのかとても興味があります。

だって政権は女性の活躍推進を重要な政策課題として掲げています。働く女性が、少なくとも男性と均等な待遇を受けられるようにするというのを労働政策上の重要な課題にあげています。

 

そうした政策に真っ向から反する東京医科大に、まさか補助金なんか出せないでしょう。それでは国民からの理解が得られない。

 

ことは一大学の中に収まる話ではありません。本当に能力のある人を除け者にしたり、特定の属性の人を差別したり、長期的な視野よりも目先のことにしか気にしなかったり、あきらかな“絶対悪”を“必要悪”だなんて言い繕ったり、日本の持続的な発展を阻む悪しき慣行の見本ではないでしょうか。

 

であれば安倍首相はこのように政権の政策目標を真っ向から否定し嘲笑う大学に対する何らかの意思表示をしたほうが良いでしょう。

 

作家の乙武洋匡氏がLGBT差別騒動について「障碍者や高齢者や低所得者などどんな人間も差別の対象になり得る。次は『私』かもしれない」というようなことを言っていたけど、まさにそうだよね。

 

東京医科大では女性というだけで受験の際に差別をしているという疑いがあります。それも将来の離職率が高いという、自分たちの職場環境管理のずさんさを棚に上げてあたかも女性のせいだ、と言わんばかりです。

 

例の文科省の子息の裏口入学の代わりに不合格になってしまった気の毒な人も今は「こんな大学行かなくてむしろ良かった」と思ってるんじゃないでしょうか。女子への一律減点が事実であれば、10年以内に東京医科大が潰れても驚かない。それくらい絶望的に「古くて悪い」塊に満ちた事案だと言えるのではないでしょうか。

 

それでは今日はこのへんで。

*1:今回の件はさすがに公序良俗に反してるとは思うけどね

*2:もちろん東京医科大の学生も東京医科大病院(その系列を含む)の医療従事者も、その多くはまともな人たちかもしれないが

Copyright © 2016 ジンジャーエール All rights reserved.