ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

ボクシング・デー

スポンサーリンク

箱は開けられた。

 

日本ボクシング連盟に数々の疑惑がかけられている。助成金の不正受給とか判定を操作しているとかグローブの独占販売にまつわるあれやこれやとかで都道府県のボクシング連盟の幹部とか元選手とか計333人がJOCなどに告発状を提出しています。

 

や~ま~ね~

https://cdn.pixabay.com/photo/2017/10/13/14/15/fantasy-2847724__340.jpg

ボクシング連盟の会長は山根明氏。告発状以降この会長に関してはいろんな話が出てきてますね。皇帝とか王様とかそんなレベルの待遇みたいだ。どんな人かと調べてみようとググったら例のごとくトレンドアフィリエイト目的の真偽不明の煽るようなタイトルの記事ばかりが表示されたのでやめました。

 

まぁでも長きにわたって権力の座にいたら腐敗するよねっていうことの格好の見本のようである。本来なんちゃら連盟っていうのはその競技に取り組む選手のためにあるはずなのにいつの間にか選手が隷属しちゃっているというね。

アマレスパワハラ騒動

今年前半に世間を賑わせたアマレスのパワハラ騒動に似ていますね。

代表選手選考で不公平な取り扱いが疑われたり、選手や指導者へのパワハラ。組織を守るためか、当初はパワハラ告発を“虚偽”として真摯に調べる気がなかったとしか思えない対応だった協会とか。

 

本来選手を守るはずの連盟や協会が、選手を搾取する元凶だった時の、選手たちの「どこに駆け込めばいいのか」という絶望感を思うとやりきれません。

ボクシング・デー

ボクシング・デーというのはクリスマスの翌日のことを言うそうだ。プレゼントの箱を開ける日だからというのが名前の由来だとか。だから格闘技のボクシングとは無関係。

 

しかし今回長年隠されていた、連盟トップによる連盟の私物化や不正行為の数々を収めた箱が開けられた。これで膿を出し切り選手ファーストの組織に生まれ変わることができれば、告発状が出された日はまさにボクシング・デーと言えるのかもしれない。

置き去りにされている選手

アマレスでも相撲協会でもNPBでもボクシング連盟でも日本のスポーツでは(もしかすると外国でもそうなのかもしれないが)選手や競技そのものが、一部の利権や我欲のためにいいように利用されすぎているような気がします。

 

また別の話になるし、重要なことなので別の記事でちゃんとと書きたいけど夏の甲子園とか東京オリンピックとか、どう考えても選手の安全考えてないよね??ってのが多い。

 

昔は夏の甲子園でも良かったかもしれないけど、やっぱり時代が変わったことを主催者や高野連の偉い人は受け入れて変化しなければならないでしょう。北海道でやるのはどうかな?ドームもあるし。とか。

(たぶん)氷山の一角

次は自分たちが告発されるんじゃないか、とビクビクしているスポーツ団体があるかもしれない。

いったいどの競技のボクシング・デーが訪れるのか。楽しみにしていよう。

 

それでは今日はこのへんで。

Copyright © 2016 ジンジャーエール All rights reserved.