ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

パワーハラスメントの難しさ

スポンサーリンク

オリンピックで女性アスリート初の4連覇を達成し、国民栄誉賞も受賞したレスリングの伊調馨さんが日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワハラを受けたと告白したことが大きな話題になってます。

 

当事者ではないし、まだパワハラの告発がされたばかりの段階なので事実はどうであるかは判断できません。伊調選手や田南部コーチに圧力があったのか、練習場に出禁にするなどの措置が栄本部長からなされたのかも不明です。

 

ただ伊調選手が強化指定選手から外されていたり、日本を代表するトップアスリートに対する扱いとして不思議に思えることがあるのも事実ですね。真相は今後明らかになっていくのでしょうけど、レスリングのイメージが悪くなったのは間違いない。

 

また日本レスリング協会は、パワハラ行為はなかったとする声明を発表しています。これには僕もちょっと「ん?」と首を傾げてしまいます。日本レスリング協会はすでに伊調選手や田南部コーチあるいは各選手にパワハラ行為を受けたかどうか、見聞きしたことはあるのかなどの調査をすでに行ったのでしょうか?

 

もしも何ら調査をせずに「パワハラはなかった」と断定したのだとしたら、組織の危機管理としてこれほど杜撰なことはないでしょう。一般企業において社員からパワハラの訴えがあった場合の流れは、被害者から聴き取り→加害者からの聴き取り→同僚など周囲への聴き取りなど慎重に調査を進めます。その上でパワハラがあったかどうかを「会社として」判断することになります。

 

「会社として」というのは、最終的にパワハラに該当するかどうかは個人や会社が決めることではないからです。裁判などで決着をつけることになります。今回の日本レスリング協会のパワハラを否定する声明はちょっと拙速に過ぎやしないかと感じられるのです。もしかしたら水面下でいろいろあって協会が動かないと判断して報道機関に話を持ち込んだのかもしれない。あるいはそういったことなしにいきなりメディアにかけ込んだのか。どちらかはわからないですが、日本レスリング協会や栄強化本部長の言い分を聞いていると釈然としない気分になります。

 

オリンピックを4連覇する伊調選手ほどの存在でもパワハラを受けるのか、と驚く一方でアスリートほどパワハラを受けやすい人たちもそういないよなー、と妙に納得する気持ちもあります。サッカーなんかでも監督に逆らって干されたりとかよく聞くもんねぇ。相撲協会もしかり。

 

ま、こんなの氷山の一角でレスリング協会はもとより、その他の団体でもぼろぼろそういった話が出てきたとしても一向に驚かないんですけどね。

Copyright © 2016 ジンジャーエール All rights reserved.