ginger-yell

辛口エール

もしかしたらブログが無限ループに入ってしまったのかもしれない

スポンサーリンク

今日も楽しく記事を書きたいと思います。

と言いつつ前回の記事をアップして5分後に書いてるんですが。たしか前回の記事では今頃僕は新名刺のデザインを作成してるはずなんですが。

 

いやちょっと気になったことがあって。

それは前回の結びで~についてはまた書きます。ってしちゃってるんですよね。で、考えたら僕はこの手の「いずれ詳しく書きます」だの「それはまた別のところで」とか結構言っちゃってるんじゃないかとふと思ったのです。で、その後全然書いてない。

 

僕はいい大人で割と常識人だと自分では思っていて例えば「行けたら行く」っていう精神(大げさ)が好きじゃないんですね。

ジョージ・マロリーはなぜエベレストに登ろうとするのかを問われて「そこに山(正確にはエベレスト)があるからだ」と答えたのは有名ですよね。

これがもし「登れたら登るわ(結局登らない)」だったら、この言葉は残らなかったはずです。当たり前か。

 

ところがブログにおいては「書けたら書く」を当たり前のようにやってしまっているんですね。気が付いたら。これは良くない。不誠実だ。このようないい加減なブログを世に出すのは自分自身心苦しい。

そこで過去の自分のブログを読み返して「今後書こうと思う」というキーワードに引っかかることを優先的に書いていこうと思う。

そのためには過去ブログを精査する必要がある。

しかし日々書きたいことも新たに出てくる。

仕事もある。

なのでとりあえずのスタンスとして調べられたら調べるということを宣言しておきたい。調べないとは言ってないので問題はないと認識している。確かに不適切かもしれないが違法性はないと考えている。

 

結論としては舛添都知事はさっさと辞職すればいいし、新たに都知事選をするのはお金がかかると言うのであれば、この機会にお金のかからない選挙システムを本気で考えた方がいいのではないかと思う。選挙にお金がかかると言えば供託金300万円というのもどうなのか。これについては機会を設けてまた書きたいと思う。