ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

ビジネスと愛

この記事をシェアする

福岡親善大使を務めていたことがあるタレントが、テレビ番組で「実は福岡愛なんてなかった」「都会(東京)が好き」「いろいろ受けてたまたま受かったのが親善大使」と発言し炎上しました。批判を受けてSNS上で「番組の演出上の発言であって本意ではなかった」という主旨の謝罪をしましたが、もはや後の祭り状態です。

イラっとする原因

まー、たしかに福岡に住んでる身としてはあからさまに「福岡愛なんてウソ。ビジネスですやん」的なことを言われるとちょっとイラっとくる。いや別に皆がみな福岡(今回はたまたま福岡だったけど日本全国どの土地でも当てはまる)を好きでいる必要はないと思います。なのでそこはいい。

 

どちらかというと「福岡愛なんてない。都会(東京)が好き」と、他の場所を引き合いに福岡を貶めたことに嫌悪感が先立つ感じ。僕はいつも思うのだけど、頭の悪い人ってなぜか比べる必要のないものを比較して、一方を貶すの好きだよね。

 

比較して貶すことで、自分が一段偉くなった気になるのでしょうか。まったく理解できない感覚です。このタレントは鹿児島出身だそうですが、鹿児島も福岡も東京もニューヨークも世界中どこでも都市としての違いはあれど、そこに優劣つける必要なくない?

 

何がなんでも優劣つけて一方を小馬鹿にすることでアイデンティティを保とうとする底抜けの頭の悪さが嫌悪を感じさせてるのかなあと思います。

ビジネスと愛

それはそれとして、福岡親善大使を務めたからといって熱烈で真摯な「福岡愛」を持つ必要はないかな、とも考える。ビジネス愛でもいいじゃん、と思います。

 

そりゃ福岡親善大使なんてのは市も関わるので一定の公共性を持つ。だからできることなら本当に福岡愛のある人が務めてくれたら理想でしょう。しかしながら「本当に福岡愛がある」かどうかなんて心の中の問題だから、誰が、どう判定するのかってことになります。要するに判定するなんて無理でしょ。

 

それならビジネス上の愛でも問題はありません。今回はテレビ番組で“自白”したからわかっただけであって、任期中はきちんと務めてくれれば別にいんじゃね?とも思うわけです。さすがに任期中に「ビジネスでやってます」なんていうと興ざめだし、批判されるとは思うけど、もう任期は終了しているのでそこまで目くじら立てなくても。

 

だいたいにおいて批判している人たちだって愛社精神に富んでるわけじゃないでしょ。生活のために勤務してます、って人は多いと思うのね。そしてそれは特段責められることではない。そりゃもう源平の時代から連綿と続く価値観なわけです。土地を保証してくれるから味方するんやで、ってのは。

 

自分の仕事そのものに愛や誇りを持つのは尊いです。良い仕事をする上でそれは絶対に必要であることは間違いがない。しかし所属する組織だとか、請け負った仕事自体に愛を持っているかどうかなんて仕事の出来栄えには実はあまり関係がないと思ってます。

 

むしろ現代的価値観では、愛社精神とかビジネスに愛を持ち込むことに対して冷笑しがちではないでしょうか。それがいいか悪いかはそれぞれの価値観だから、いいも悪いもありません。

 

ただ、自分は愛社精神やステークホルダーへの愛を持たないのを良しとして、いっぽうで他人にはそれを求めるのはいささか愚昧じゃないかと思う次第です。

安易な炎上は長続きしない

もちろん今回炎上したタレントの落ち度は大きい。テレビ的に面白い、いわゆる「爪跡を残す」的な発言をしたかったのかもしれない。そういうのを制作側から求められた可能性だってある。全国放送で、有名な芸人たちを前にして舞い上がったのかもしれません。

 

しかしそれでも今後の自分の仕事のことを考えると、勇気を持って無難な発言をした方が良かったのでしょうね。僕は別にビジネスに対して過剰に愛を求めてはないので(というか今回の騒動でこのタレントが福岡親善大使だったのを初めて知った)良いんだけど、炎上具合を見るに福岡でこのタレントを積極的に起用しようという企業はあまりないだろう。かといって東京で成功するかといえば、どうだろう?めちゃくちゃ競争が激しいんじゃない。元AKBで神7と呼ばれた人たちの現状を思えば、地方の親善大使を務めたぐらいでは東京で成功するには弱いんじゃないかと素人ながらに思います。

 

ウソでも「福岡愛してます!」って言い続けていれば、ある程度の実績とコネを作った福岡でならそれなりに仕事はあったんじゃないか。それは本人が思い描く大都会での成功とは程遠い、地方都市での小成功かもしれないけど。それでも中国の古い言葉にあるように地方でトップを走るのだって決して悪くはない。地方でトップを走り続けていればそのうち都会の目に止まるかもしれない。芸人とタレントという違いはあるけど、博多華丸・大吉だってそうだったんだし。

 

となると今回の騒動の本質は、全国放送での目先のウケを狙った事務所もしくはタレントの戦略ミスということになる。一時的に注目を集めるかもしれないが、それはすぐに忘れられるし何より無用な敵を増やすだけの無駄な作業だ。

 

ビジネスはビジネス。愛なんて別に絡めなくてもいい。

 

福岡に住んでる人間の1人として、今回の件で別に福岡がバカにされたとは思ってません。ただ東京の方がいいとか余計な比較をして貶められるのはイラッとしますけど。

 

一時的なウケをねらって炎上するなんて、成功から遠ざかるための最適な方法だということがよくわかる好例だと思います。ビジネスに必要なのは〇〇愛(例えば会社愛とか顧客愛とかなんとか)ではなくて、余計なことは言わないという実に単純極まりないプロ意識なんだなということがよくわかりました。