ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

今年のM1で一番評価を下げた人(僕の中では)とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智

スポンサーリンク

ここ数年M-1は見ていなかった。それが今年はタイミングあって、というか暇だったのでしっかりと見た。霜降り明星の優勝は妥当だと思う。和牛も面白かったけど。勢いとかなんとか、ね。でM-1といえば毎年「吉本勢が多い」とか「審査員が」といった周辺環境で炎上しがち。今回もなかなか盛り上がってました。審査員でいえば立川志らくと上沼恵美子。立川志らくはそもそも漫才師ではないのになんで審査員に選ばれたんだろうね。これ逆に落語のコンテストに漫才師が審査員として入っていたらこの人文句言いそうじゃない?コメントもなんか尖った視点から言おうとして結果として滑ってる感があって残念だった。本人は“業界筋からは評価をいただいた”的なことをツイッターで発信しているのがさらに残念感を増幅させている。大衆的にはわからんだろ、業界人はちゃんと評価してるんだぜ的な。そういうのいいから。上沼恵美子は「依怙贔屓している」として批判されている。ミキのこと大好きと言ったりしてたしその言動を奇矯に感じ違和感を覚えた人もいるかもしれない。もともと好き嫌いが分かれそうなキャラだし。しかし批判がよほど答えたのか今日ラジオ番組で「M-1の審査員を引退する」と言ったそうです。審査員って引退システムあるのかよ。あぁ声かけられても辞退するってことね。和田アキ子も紅白引退宣言すればいいのに。M1の審査員なんてお笑い芸人にとっては最高に栄誉なことなんだろうけど、かえって自身のブランドに傷をつけることにもなりかねないんだね。コワイよコワイよ。しかし今年のM-1関連で一番評価を落としたのは僕の中ではとろサーモンの久保田かずのぶとスーパーマラドーナの武智の2名で決定。M-1後の飲み会の様子をSNSでライブ配信してその中身がヤバイ。具体的にいうと上沼恵美子の審査ぶりを批判しているのだけれど、最初に「お酒入ってるんで」とエクスキューズしている。この時点でちょっとなぁと思う。言いたいことあるなら自由に発言していいよ。それで干されたとかなると逆に応援するよ。しかし仮にもお笑い芸人が「今から過激なこと言いま〜す!でも酔ってるんで許してちょ!」はあかんでしょ。全然面白くない。会社の飲み会で「パワハラセクハラしま〜す。酔ってるんで勘弁してね!」って通るんでしょうか。通るわけないだろ。アクアラインは絶賛閉鎖中だよ。繰り返しになるけど誰かを批判するっていうのが単なる誹謗中傷じゃなくて自分なりの根拠と筋を通してするのであればそれは自由なんだ。でもそこにアルコールっていうエクスキューズを持ち込んだ時に全ての説得力を失う。アルコールは持ち込み不可なんだよ。百歩譲ってそれを身内だけで語るのであればいいよ。でもSNSで拡散しようとしていた。今は動画削除したみたいだけど、拡散するなら素面でやろうよ。好き嫌いで審査するなと言っておきながら一般大衆に向かって好き嫌いでのdisりを煽るのは芸人としては最高に芸がなくないかい。そして誹謗中傷といえばスーパーマラドーナ武智。悔しいのはわかる。最後のM-1だし。賭けてたんだろう。しかし実際決勝に残った他の3組の方が面白かったのは衆目の一致するところではないだろうか。立川志らくと上沼恵美子を除いた審査員の点数でもスーパーマラドーナは7位だったという顕彰記事があった。そういうことなのだろう。本物のスーパーマラドーナは神の手というサッカー史上に残るインチキもやったけど5人抜きゴールというこれもサッカー史上に残るウルトラゴーールも決めている。W杯も優勝に導いている。実力があってこそだ。もちろんスーパーマラドーナ自体実力派間違いないのでしょう。でも昨日は他の出演者の日だった。話が逸れたけど、どうも件の動画の中で上沼恵美子のことを「みんなうんざりしている」と言い「更年期障害のおばはん」と言っている。これはさすがにあかんやろ。いくら悔しくても言っていいことと悪いことがある。芸人ってなんだ。確かに毒舌を売りにする芸人はいる。これが関西方面の重鎮と言われる上沼恵美子のその重鎮としての部分に噛みついたのであればわかる。権力を茶化し偉いものの権威を笑い飛ばす。毒舌芸人とは本来そういうものではないだろうか。弱いものや本人にはどうしようもないことを笑いのタネにするのは毒舌ではない。更年期障害なんて本人の努力だけでどうにかできるものではない。そう言った部分に焦点を当てて貶すのは最悪だ。そもそも上沼恵美子が更年期障害かどうかもわからないが。ただ影響力のある人間がこういうことを言うことで更年期障害のおばはんはめんどくさいとか更年期障害のおばはん相手なら何言ってもいいという風潮を助長することにならないか。芸人だからこそ言葉のチョイスに気をつけなきゃいけないんじゃないか。上沼恵美子というキャラクターそのものや重鎮としてのポジションについて笑い飛ばしたり茶化すのは全然ありだと思う。そう考えると「更年期障害のおばはん」程度のワードしか出せないセンスこそがM-1で優勝できない要因なんじゃないかとすら思ってしまう。かくいう僕もトムブラウンで笑えなかったくらいにはセンスがないのだが。

Copyright © 2016 ジンジャーエール All rights reserved.