ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

芸能界は身内に甘い

ちょっとすげー記事を見た。日刊ゲンダイがムロツヨシさんの仕事が失速するんじゃないか、と書いているのだ。理由は女性への性的暴行で新井浩文氏逮捕された際に、ムロさんが自身のツイッターで新井氏を擁護したとも取れる投稿をして炎上したからだという。

 

いまムロツヨシさんは超売れっ子俳優だ。ドラマや映画はもちろん、CMも多数出演している。公私ともに中の良い新井氏にエールを送ったということで、テレビ局やスポンサーが今後の起用に二の足を踏む、というわけだ。

 

記事の結びでは、もしもムロツヨシさんが新井氏とのツーショットを撮られたり、新井氏のもとを訪れ差し入れでもしたらテレビから消えるだろう、となっている。

 

…え?

 

まじかー。芸能界コワイ。

 

ってなるか、アホ。

 

いや、そりゃ新井浩文氏が起こした事件はひどいことだよ。それはわかってるよ。これから罪を償い、被害者に償い一生背負っていくことになるのだろう。しかし一方でやり直す道も残されていなければならない。

 

しかし、ムロツヨシさんの場合はどうだ。確かに被害者の感情を考えると、ツイッターという公の場で新井浩文氏を擁護したととらえられるような投稿をしたのは軽率だったかもしれない。しかしそれをもって「あいつヤベーやつ」扱いにして干すとかありえるのだろうか?ムロツヨシ自身は何の犯罪も犯してないんだぞ。ムロツヨシさんが出演するドラマやCMを見ていちいち「あー、新井浩文氏を擁護した人ね。はいはい。チャンネル変えよっかなー」となるんかい。嘘でしょ。

 

もしもこういう理不尽な干し方をすれば、そういうのを許す芸能界自体が深刻な人権侵害体質だろう。

 

いや日刊ゲンダイのようなタブロイド紙にいちいち目くじら立ててもしょうがない、ということもできる。しかし日刊ゲンダイやその他のタブロイド紙や週刊誌に限らない。

 

最近だとバイキングがやらかしましたね。ピエール瀧氏=ジャンキーの極悪人、石野卓球氏=ユニットのメンバーが逮捕されたにも関わらず謝罪しない常識に欠けた存在、DOMMUNE=よくわからない、単なる売名行為、依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク=謎の市民団体という図式で「芸能界の常識」的なものを振りかざしてピエール瀧氏をはじめ彼を支援するための取り組みを嘲笑していました。

 

まあ坂上忍みたいな飲酒運転で捕まるようなヤツが言っても説得力ゼロ、サンドウィッチマンがいなくなって番組のカロリーもゼロだよ。何を言ってるんだ僕は。

 

ムロツヨシさんをくさす日刊ゲンダイの記事や前述のバイキングなど、大した裏付けもないまま自分達の意に沿わないことを一方的に断罪したり、同調を求めたりする様を見るにつけ芸能界はなんて狭い世界なんだと思わずにはいられない。こうしたものを垂れ流していられるほどには芸能界は身内に甘いということなんだろうか。

 

だいたい芸能人のコメンテーターなんてろくなのがいない。きちんと自分の意見を表明できるのって上田晋也氏くらいじゃないかと思う今日この頃であった。

Copyright © 2016 ジンジャーエール All rights reserved.