ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

この記事をシェアする

今年の漢字が「災」になりました。

 

清水寺でやってる年末恒例のイベント「今年の漢字」は「災」です。しかしこれどういった基準で選んでるんでしょうかね。清水寺のお坊さんたちの好き嫌いなんでしょうか?審査はちゃんとやって欲しいですよね。特に一番右の!お堂!わかってます?自分の徳を積むためだったらやめて欲しいですよねほんまに。すみませんM-1騒動とごっちゃになってました。まぁあれも口は災いの元だし、お酒飲んでSNSするのも災いの元だしある意味あってるのか。そういえば主催の漢字検定協会は以前なんか事件的なものを起こした気がするんだけどなんだっけ?

 

やっぱり地震や豪雨など改めて災害が多かったですね。

福岡県でも朝倉など県南部では結構な被害がありました。1日も早い復旧をお祈りしています。

 

今年の漢字もこうした自然災害を念頭に置いた選考だったとは思います。しかしそれ以上に人災というか、日本のダメな部分が災いとなって振ってきている印象です。

 

急に降ってわいて急遽成立した入管法の改正。とにかく話が出てから法改正までが早すぎる。おかしい。そんなに急いで決められるものではないと思うんだよね。

 

実際外国人実習生にたいするひどい扱いというのは連日報道されている。そしてまだ氷山の一角であろうことは想像に難くない。

 

そうしたものが出てくる前にさっさと形だけ整えておきたいという思惑が見え隠れする。それはとても不誠実なやり方じゃないだろうか。

 

ほんと外国人実習生にとっては日本に技能実習にくるのは災いなんじゃないかってくらい非人間的な扱いを受けている。

 

しかもここにきて農業分野に関して外国人の派遣を認める方針ときている。なんで派遣?直雇用でいいじゃないか。そんなにどこかの誰かに中抜きという利益を差し出す必要があるのかね?そもそも派遣って雇用の調整弁なんだよ。知ってた?対して外国人技能実習生は労働力として考えてはならない、とされているんだよ。もう矛盾しているじゃないか。

 

災い転じて福となすなんて言葉があるけど、今回ばっかりは福になるイメージがわかない。片山さつきや杉田水脈なんてまだ議員の座に居座ってるもんね。外国人技能実習生が時給300円とかで働かされているのに、彼ら彼女らいる必要のない国会議員は何千万円ももらえるわけですよ。

 

来年はもっとこう明るい漢字になればいいと思うけど、見通しはあまり良くない。