ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

土地の価値と人間の価値を同列に語る下品なバカ者達

スポンサーリンク

南青山に児童相談所などが入った施設を建設する計画に対し、一部の地元住民が反対しているそうです。しかも反対の理由がなかなかお下品でバカっぽいということで炎上しています。

港区の価値が下がる?

いや、あのね、児童相談所やDV被害を受けている女性用のシェルターとかを作ったくらいで価値が下がるんだったらもともとその土地はその程度の価値しかないの。本当に価値がある土地であればそういった施設があっても関係ないよね。

ランチ単価1,600円って偉いの?

例えばビバリーヒルズとかパームビーチとかよく知らないけど世界のセレブが住む街のランチ単価はどうだろう?そういうところに住んでいる人からすると「ランチが1,600円だって⁉︎随分安いじゃないか!」となるんじゃないだろうか。そうなると「ランチ単価1,600円だよ!」って威張るのはとても滑稽で哀れみすら覚える。

本当のお金持ちの言動とは?

例えばビル・ゲイツとかバフェットとかベゾスとか超お金持ちってどんなんだろう。財団作って私財を投じて社会貢献活動に熱心だと聞く。最近でいえばZOZOの前澤社長なんかも公にしていないだけでそうした活動に熱心だという。

 

僕は彼ら一人ひとりの頭の中はわからないけれど、もしかすると自分の人生は借り物のようなものという意識がどこかにあるのではないだろうか。借りているから自分が成功したら「借りているお礼に」社会に還元する。そうしたことが何か当たり前のようにインプットされている。

 

一方で南青山(に限らないが)の一部のオシャレさん達は「俺のものは俺のもの」という意識に囚われすぎているのではなかろうか。確かに不動産を買って所有しているのかもしれない。しかしそれは自分が生きている間限りのもので、死んでしまえば消えてしまう。しかし人のために何かを為したというのは死んでも消えないことがある。どちらの方が価値のあることだろうか?

 沖縄の問題との類似性

で、ちょっと思ったんだけどこの南青山の児童相談所等の施設建設問題って沖縄の基地問題に似てないだろうか。

 

児童相談所とかシェルターとか更生施設とかの必要性は分かる。でもそれらの施設を近所に置かないでほしい。どこか自分たちと関係のない遠くに。

 

防衛のために基地が必要なのは分かる。でもそれらの施設を近所に置かないでほしい。どこか自分たちと関係のない遠くに。

 

うん。

だいたい同じだ。

人間の価値

南青山は一等地なのかもしれない。そういう場所に住めるのも社会的に成功したからかもしれない。しかし財産を持っていることと人間として価値があることは等しいわけではない。

 

僕は思う。

どれだけのお金や土地や株や仮想通貨を持っていても、会社を経営していたりロータリークラブのメンバーであったり、ワインや葉巻などの違いが分かったとしても、人に分け与えることのできるこころを持っていない人間などに価値はない。

 

「タフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きていく資格はない」

ハードボイルドの大家チャンドラーが「プレイバック」にて主人公マーロウに言わしめたセリフが好きだ。生島治郎の訳が個人的に一番しっくりとくる。

 

やさしくなくては生きていく資格などないのだ。

Copyright © 2016 ジンジャーエール All rights reserved.