ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

Sociological

世の中のこと。雑記。

企業主導型保育事業上手くいかない理由

待機児童解消策の有効策として期待された企業主導型の保育事業ですが、苦戦しているようです。 www.nishinippon.co.jp しかしながら、こうなることは見えていました。 と書くと、何を偉そうに。後出しで適当言うなって思うでしょ? はい、そうです。後出しで…

ふざけた概念

新潮45の杉田水脈議員の擁護記事がとにかくひどいと話題になっています。 特に小川榮太郎氏。はっきりと差別的意図があることを認めています。曰く「自分のような伝統的保守にとってLGBTはふざけた概念である」と。 そして相次ぐ批判に対してはもはやネトウ…

ちきりんが伝えたかったことはなんなのか。あるいは伝えなかったこと。

ちきりん氏のツイートについて。彼女の中でどういった考えがあったのか、を考えてみたい。 一流大学の法学部で憲法を学んで、なんで「経済困窮で自殺」するかな。憲法25条とか、生活保護のこと知らなかったのかしら。勉強ってほんと役立たないな。九州大学法…

おもてなし。 おもてなしジャパン。 headlines.yahoo.co.jp またひとり日本にネガティブな感情を持つ外国人が誕生しました。 この件について、現地のブローカーが悪いという意見が目立つ。そう確かに現地ブローカーは悪いですね。搾取している。 しかし仲介…

体操パワハラ問題について思うこと

体操協会のパワハラ問題は、実に興味深く、根深い問題です。 当初は選手がコーチからパワハラを受けていると告発があって、コーチが処分されて終わりかと思ったらそのコーチから指導を受けていた選手が逆に協会幹部のパワハラを告発。もう何が何だか。 で、…

徳島阿波踊り問題。踊る阿保になっていないか。

徳島の名物阿波踊りが分裂して大混乱しているということが大きく報じられています。 で、ツイッターなんかではどうやら徳島新聞と徳島市長が己の利権のために陰でごそごそとやっており、諸悪の根源であるとされています。 ① 阿波踊りの収益は徳島新聞がほぼ…

東京医科大の得点操作で見える日本の病

女子差別だけかと思ってたら、3浪以上の男子学生も減点されてたって話が出てきた。 私学なんだし、入学者を選別したければHPや入学案内パンフにそう書いておけばいいのに。「公平ですよ~」なんて顔をして、実態は差別丸出しというのは本当にいただけません…

東京医科大の女性差別と労働環境に対する意識の古さ

カネさえ積めば点数を恵んでくれる東京医科大学。もっともこうした裏口入学自体は、残念ながら他の大学でも行われているだろう。 その東京医科大がまたとんでもないことをやっていたと報じられています。 女子の受験者の得点を一律に減点して、女性の合格者…

ボクシング・デー

箱は開けられた。 日本ボクシング連盟に数々の疑惑がかけられている。助成金の不正受給とか判定を操作しているとかグローブの独占販売にまつわるあれやこれやとかで都道府県のボクシング連盟の幹部とか元選手とか計333人がJOCなどに告発状を提出しています。…

センター試験の国語は199点

杉田氏のLBGTへの人権侵害事案にあらたな参戦者が出た。 杉並区議会議員の小林ゆみ氏である。 杉田氏の例の論文(と呼ぶにはなんら統計的な根拠も法的な根拠も明示されていない、端書のようなものではあるが)をアブソリュートに擁護している。 曰く杉田氏へ…

人の前に立たないで

杉田水脈というのはもうちょっと看過できない存在になっている。かなり腐臭がする。 日本の嫌な部分を凝縮した感じ。 そして圧倒的に反知性的だ。 LGBT支援に税金を投入するのは無駄だと考えている国会議員がいる。 LGBTに対する差別はないんじゃないかと考…

フリーランスの品格

そこにはやたらと仕事のできるフリーランスがいる。 いくつもの難易度の高い資格を持ち、仕事は早く正確。ムダを嫌い日本的な労働慣行とは無縁で自分を貫き通す芯の強さがある。残業はバカがやることだと内心思っており、自分で仕事の配分を決められるフリー…

セクハラしたいと思うのは個人の自由?

香川大の教授が「趣味はセクハラ」と公言し炎上しています。 どうやら表現の自由を守るため、という大義のもと趣味はセクハラと公言するに至ったようです。 で、この三原麗珠という教授のツイッターを覗いたら、まあ気持ち悪い(笑) そして言い訳が多い。 自…

福岡

何か福岡で昨日おっきな事件が起きたようです。はてな界隈ではその件についての話題で一杯です。 その中で「修羅の国」とか「やっぱり福岡」みたいなブコメを見かけるんだけど、もやもやします。 福岡=修羅の国だとか危険な街というのはネット上で定着して…

SuchmosのVOLT-AGEはサッカーファンとしてのリトマス試験紙

ワールドカップといえば各テレビ局が毎回イメージソングを起用していますね。特にNHKは放送数が多いこともあり注目が高い。過去にはSuperflyのタマシイレボリューションや椎名林檎のNIPPONとか。僕はドラゴンアッシュのFANTASISTAが印象に残ってるかなぁ。日…

御パレード

若者に人気のRADWIMPSの新曲がなにやら騒動になっています。 「HINOMARU」というアレなタイトルの曲の歌詞がまるで軍歌のようであるとして批判され、それに対していや表現の自由だとか侃侃諤諤。 まるで就活生 個人的な感想を書くと、非常にペラい歌詞だなぁ…

どこよりも気が早いサッカー日本代表次期監督

いよいよ始まりましたワールドカップ! 日本代表はどうなるのでしょうか? 大会直前になってハリルホジッチ解任という荒業に出たことは協会の評判を大きく落としました。なんかハリル可哀想という、よくわからない同情論が飛び出たり。 僕はハリルホジッチ解…

是枝監督に見る助成金と公権力との距離感

是枝監督の最新作「万引き家族」がカンヌ映画祭で最高賞を受賞しました。 内容については実際に見てから感想を書きたいと思ってます。ハイ。 しかし受賞直後から映画と是枝監督を巡ってバトルが繰り広げられています。愛国的?な人たちからは、日本の不都合…

傷ついた若者を政争の具にしたのは安倍首相自身だよ

日大アメフト部幹部の、学生に責任をなすりつける往生際の悪さを「社会の安倍化」の一つだと評されています。そうした主張を繰り返す立憲民主党の枝野氏や辻元氏に対して有本香氏が激しく怒っています。ちなみに有本香は熱心な安倍信者だそうです。教祖様を…

日大アメフト事件について思うこと

日大アメフト部が関学との試合でラフプレーを繰り出し大問題になっています。特に関学のQBへの超レイトタックルは選手生命を脅かしかねない危険なものとして糾弾されています。またこうしたラフプレーについて監督から指示があったのでは?ということも問題…

セクハラはマナーやモラル違反という話ではない

セクハラ罪はないということほどセクハラをまったく理解していない言説はない。そしてこうした発言をしているのが副総理という日本の№2という事実は大変重いものがあります。

西郷の墓地で大久保法要に待ったをかける人たちが西郷の思想を何も理解してないという悲劇

西郷南洲はどういう思いで見ているのでしょうか。 NHK大河ドラマ「西郷どん」でまた注目されている西郷隆盛。そのスケールの大きな人間性や(源義経とか日本人が好む)悲劇的な最期。 その西郷どんを巡ってひと悶着が起きています。 rdsig.yahoo.co.jp 幼馴…

想像力が欠落した世界で生きること

口は禍の元、と言うが存在自体が禍なのではないかという人もいる。 麻生太郎財務大臣。 失言が多いと言われるが、結局おかしな思想の持ち主だということでしかない。 セクハラ罪という罪はない? セクハラは何の罪になる? 財務省の調査の問題点 歪んだ人権…

小林よしのり氏のブログを読んだ感想

小林よしのり氏の「セクハラと痴漢とパワハラ、全部違う」というブログ記事を読みました。ちょっと指摘しておきたいことがあります。 言っておくが「セクハラ」と「痴漢」は同等の性犯罪ではない。痴漢は「違法行為」であり犯罪だが、セクハラは「不道徳」で…

社会学者・古市憲寿氏のセクハラ観が残念過ぎる件

財務省の福田事務次官(もう元事務次官か)のセクハラ問題が急展開を迎えています。そのことに関してはあちこちで報道されていますので、ここでは割愛します。 今回のエントリーは今朝(4/19)の「とくダネ!」を見て感じたことを備忘的に書こうと思います。…

なぜ相撲協会はちびっこ相撲で女子の参加を遠慮するように要請したのか

男子ならその後中学~高校あるいは大学と相撲部で腕を磨き、新弟子として相撲界に入ってくる可能性がある。つまり親方に取っては将来の大切な「米びつ」になる可能性があるわけだ。どういうことかというと、幕下以下の力士一人につき毎月7万円が相撲協会から…

ハリルホジッチの解任は当然だ

ハリルホジッチがとうとう日本代表監督を解任されました。後任は西野朗氏です。ここ最近の日本代表は雰囲気も悪いし、結果も出てないしで解任そのものは妥当だと感じてます。むしろ遅いくらい。 独裁者ハリルホジッチ ハリルホジッチといえばPSGの監督時代に…

土俵に女性が上がれないのはまったくもってナンセンスだという話

大相撲の巡業中に、土俵の上で倒れた多々見良三舞鶴市長を救護しようとした女性に対し行事が「土俵から降りてください」とアナウンスしたことが問題になってます。相撲では土俵は女人禁制というしきたりがあって、それが改めてクローズアップされることにな…

狡兎死して走狗烹らる

佐川氏は何一つ事態解明に向けた協力をする気はない様子でした。こうした佐川氏の態度を“勤め人の苦悩”と評する評論家もいます。しかし勤め人というのであれば、公務員は国家に仕えているのであって彼らの奉仕する対象は国民なんだよなー。 はっきり言ってど…

ネリのやり方はダメなのか?〜血と名誉と報酬〜

日本中に不快感という催涙スプレーを撒き散らして去っていったルイス・ネリというボクサー。 世界バンタム級タイトルマッチで"神の左を持つ男”山中慎介選手との再戦が注目を浴びていました。というのも2017年8月に当時チャンピオンの山中選手と対戦し、勝っ…

Copyright © 2016 ジンジャーエール All rights reserved.