ジンジャーエール

辛口エール

これから日本は毎回W杯に出場できるようになるかもしれないことについて

スポンサーリンク

ブラックサンダー中毒者です。特に新発売の柿の種サンダーは最高です。

こんにちはジンジャーです。

f:id:chitosemidori:20170401151031j:plain

ワールドカップ出場枠が48カ国に拡大

今度のFIFAの理事会的なやつでアジアのW杯出場枠が8カ国に増えるという提案がなされるようですね。今の時点で報道されるってことは根回しの準備万端、実弾オッケーあとは仕上げをごろうじろって感じでしょうか。もともと2026年W杯が現行の32カ国出場から48カ国に拡大することに合わせて各大陸でどのように分配するのかということでした。アジアは現在の4.5枠から8へ増加。末広がりな感じがなんともアジアン!な雰囲気ではないでしょうか。欧州は13から16へ南米は4.5から6へ。アフリカは5から9、北中米カリブ海が3.5から6。そのほかオセアニアが0.5から1へと変更されるようです。なんか不思議な感じがしますね。例えば北中米カリブ海はメキシコや米国などW杯で一定の存在感を発揮してますから大幅増加はわかります。アフリカも欧州のクラブで活躍する選手の数を思えば大幅増も理解できます。南米はもともと10カ国くらいで6カ国出場ならまぁ過半数は出場できるわけでいいでしょう。翻ってアジアです。前回のW杯で何チームが決勝トーナメントに進めたでしょう。はっきり言って減らされても文句を言えないところまさかの大増量!骨折したら逆に骨が強くなる的な理論なのでしょうか。よく意味が分かりません。死にかけるたびに飛躍的に力が向上するみたいな。サイヤ人か!いやアジア人だよ。こうなるともう日本なんてぶっちゃけアジアの中では安定した実力を発揮してますし?まぁほぼ予選敗退することはなくなったと見ていいでしょう。となると予選のたびにメディアが煽る死の組!とか予選落ちの恐怖!とかほぼ無縁になります。僕らはトロピカルジュース片手に人をダメにするソファにゆったりと身体を沈めブログでも書きながら完全リラックマモードで最終予選を鑑賞できるのです。そう鑑賞です。観戦ではありません。サポーターも一緒になって戦う必要なんてないんです。優雅なり日本代表。そうすると危機感を煽ることで視聴率や部数を稼いできたメディアにとっては死活問題です。緊張感がなければ売れるものも売れません。そうなると一時期専門誌で問題となったように海外有名選手のエアーインタビューでページを埋めることがますます加速するでしょう。まエアーでもいいんです。どうせ誰も読みやしませんから。もはや代表戦ではらはらして心臓発作を心配する必要もありません。2,3試合落としたっていっこうに構いません。だって今と同じようなレギュレーションなら各組の4位以内に入ればいいんでしょ。楽勝です。かつてニカラグアとホンジュラスでしたっけW杯予選の試合が原因で紛争が起こったことがあったような気がします。もうそういうのはなくなるんです。ラブ&ピース。

今FIFAには208の国や地域が加盟しています。もうねこの際だからこれら全ての国や地域がW杯に出場できるようにしてはどうでしょう。48チームなんてセコイこと言ってないでみんなでお祭り騒ぎしましょうよ!リアルワールドカップ。オリンピックを凌ぐスポーツの世界大会との自負があるならそうしましょう。参加することに意義を見出しましょう。え。誰ですか。異議を唱えるのは。ジャマイカ人がボブスレーしたりアフリカのどこかの国の選手が20分くらいかけて100m泳いだりで皆さん感動しますでしょ?だったらほら、コソボや東ティモールや台湾など政治的に色々あるよね~なところも悲願の初出場で大いに盛り上がったっていいじゃないですか!スポーツで盛り上がれば平和が訪れます。ラブ&ピース。ただ本大会のレギュレーションには少し工夫が必要でしょうね。いきなりノックアウト方式のトーナメントだと1回戦で敗退した国はちっとも盛り上がらずに早々に終わってしまいます。ラブ&ピースではないしピースの綾部の向かう先も分からないしサッカー人気が凋落してしまうかもしれません。そこでどうでしょう。グループリーグ制にするんです。最低でも数試合やるとなれば興味を引っ張ることができます。ファンだってハラハラドキドキできます。テレビも新聞も喜びます。で、このグループリーグ、移動が大変だからなるべく周辺国同士で組むのが良いでしょう。具体的に言うと各大陸ごとに組み分けしてはどうでしょうか。グループAは欧州1組、グループBは欧州2組…という風にします。日本代表だったらグループHのアジア1組、みたいな感じです。常に中立地を選出するのも調整が難しいのでできれば公平を期してそれぞれのホーム&アウェイで行います。もちろん代表戦以外のクラブチームでのプレイもありますから日程に関しては1~2年くらいの余裕をみてグループリーグの雌雄を決します。そのグループリーグを勝ち上がったチームでいよいよノックアウトのトーナメントを行います。大陸ごとの厳しいグループリーグを勝ち上がってきた各チームのぶつかるトーナメントが行ってみればワールドカップの本番です。それはもう大いに盛り上がります。このようにいっそのことFIFA加盟のすべての国や地域にが参加できるような方式を考えてみました。

まとめ

いまアジアで9~15番手くらいのあとちょっとの位置にいるチームは本大会への出場権を得るためにブラジルやアルゼンチンやアフリカ各国の選手たちで母国で代表に縁がない選手の帰化を要請して奪い合いになるかもしれませんね。

 

今回は今後日本が毎回W杯に出場できることになった前祝というお話でした。

ではまたね!