読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginger-yell

辛口エール

【お題チャレンジ】セール品を使ってセールを仕掛ける

スポンサーリンク

今週のお題「セールの戦利品」

 

その時、歴史が動いた

いや、大げさでも何でもなくて。

自他共に認めるITオンチの僕は、昨秋の独立後もネットを使った露出とほぼ無縁の日々を送っていました。「リアルな人の繋がりが大事だから」とよくある言い訳を自分自身に刷り込んでいたのです。

まぁ業界自体この手のことに疎い人が多いです。未だにホームページの無い人なんてざらにいます。あるいはホームページも人に頼んで作っといてあとはほったらかし…みたいな。

ド素人なりに覚える危機感

だけどせっかく自社をアッピールできる機会をただ「よく分かんなーい♡」という理由で逃すのは大人としてどうなのかと思いホームページを作ってみようと思い立ちました。今年の春先に。でもプロに頼むのは結構な金額がかかるし、作って満足してほったらかしになるのも、と考え自分でやってみることにしました。無謀です。

まずは無料でお試し

ホームページビルダーのようなソフトが必要なのかなと検討していたところ、無料でウェブサイトビルダーを利用できるサービスがあると知りました。

 

この二つが有力っぽいですね。

wrs.search.yahoo.co.jp

wrs.search.yahoo.co.jp

 

それぞれ一長一短あるようです。

Jimdoの方が先発のようですね。対してWIXはグングンユーザーを増やしており全世界で見るとWIXの方が良く利用されているようです。

どちらもドラッグ&ドロップでレイアウトを変更でき、テキストもワードスタイル。

つまり最低限度PCを扱えるというレベルがあればいいという感じです。

 

両方とも基本無料ですが、有料プランもあり、比較する限りでは金額やサービス内容に大差はない感じでした(ザックリ感)

で、WIXの方がテンプレも豊富でオシャレだとか。

となるとWIXの方がカッコいいホームページ作れるじゃん!とド素人のくせに判断。

あとで知ったのですがサポートに関してはJimdoの方が良いみたいですね。さすが先発組。というかWIXのサポートが冷淡すぎるのかもしれません。基本Q&A読んどけって感じですから。今後日本でのサービス利用者が増え、手厚くなることを期待します。

有料サービスに足を踏み入れる

とりあえずWIXを選択し無料プランでコツコツとサイトを作っていました。

そんなある日のこと。WIXからメールが届きました。

f:id:chitosemidori:20160716132027p:plain

WIXが、いつまでも無料プランでちんたらやってんじゃねーよ!と考えたのかは知りません。知りませんといえばWIXが僕が父であることも知らないはずです。とりあえずイベントに便乗してメール送っとけ!みたいなノリなのでしょうか。

でも購入意欲を少しでも喚起するために何でもやってみるっていうのは大事ですよね。実際僕はこれがきっかけでプレミアムプラン購入をきめたわけで。こういうのは自分の商売でも参考にしたいと思います。

半額シールゲット

やはり半額は魅力的ィ!

そもそもいくら小規模のビジネスで、ホームページからの申し込みなんてあまり期待できない業種といっても非独自ドメインだったり広告が入ってたりというのはカッコ悪いかな。そして先述の通りこの業界はwebマーケティングなんてものとは無縁だ。逆に言えば今のうちにそこに力を入れて少しでも区別をしておきたい。と急に分かったような口をきいてみる。

f:id:chitosemidori:20160716133354p:plain

選んだのは一番人気の「無制限」プラン。これが半額になったので月額630で申し込みができました。

f:id:chitosemidori:20160716133526p:plain

こんな感じでプレミアムに!

購入して思ったこと

結果としてプレミアムプランを購入して良かったと思います。

やはりお金をかけるとその分もっといいサイトにしなきゃと学ぶ気持ちになります。貧乏性なんですかね。無料のままだったらだらだらと一切役に立たないサイトに終始していたと思います。

これから頑張って集客してくれる(とまではいかないかもしれないけど)いい感じのホームページにしていきたいと思ってます。このネットの世界のどこかでひっそりと。

はてな

そういえばこのはてなブログは無料プランのままです。正直“Pro”のアイコンいいなぁとちょっと思っています。2年プランだと40%割引。これはセールといえるのだろうか。

 

検討に値する事項であると思われるためできるだけ早急に且つ前向きに善処する方向で提言するよう調整をしたいと思います。なんだこの役人感ある答弁は。