ジンジャーエール

辛口エール

身だしなみの第一歩は爪を切るところから

スポンサーリンク

いつの間に行われていたんだWBC準決勝!

残念ながら敗れてしまいましたが、総じて好意的な意見が多いですね。しかしこの燃え尽き感のある中気持ちをリセットして開幕に備えるのは大変でしょうね。

スポーツを愛するジンジャーです。

日本人選手の爪は伸びている?

アビスパ福岡のFWウェリントン選手が地元ブラジルのメディアのインタビューでJリーグでは爪を切ってない選手が結構いると語っている。この爪により毎試合ウェリントンはひっかき傷ができるらしい。特に188センチ90キロの巨躯を生かし最前線でポストプレーをする彼だ。相手DFとの身体をぶつけ合うやりとりは多い。その中で掴んだり掴まれたりする。で、日本人選手の爪が伸びているから引っかかれる、と。

 

爪が伸びている=不潔?

別に自分の応援しているチームの選手だから特別に養護するわけではない。僕自身爪が伸びているのがイヤなので結構マメに切る。だからか他の人の爪が気になるのだ。

特に社会人の男性でやたらと爪の長い人がいるがあれはなんなの?と常々思っています。ウェリントンのように身体を引っかかれることはないけれど、僕の心に引っかき傷が残るのだ。ウソです。そんな傷ができるほどセンシティブではありません。

http://1.bp.blogspot.com/-MAhXVeGjWx4/UxbLt9zgQeI/AAAAAAAAeDQ/7WLOXCCYOx4/s400/tsumekiri.png

伸ばした爪の用途はだいたい想像がつく 

ただ、だらしないなぁとは思います。ましてやその伸び切った爪の中に‟よくわからない黒い物体”通称爪垢でもたまっていようものなら…。爪の垢でも煎じて飲め…そんなものを煎じて飲み物をこしらえ提供するなんて狂気の沙汰です。

だいたいあれでしょ?

伸ばした爪で耳やら鼻やらをほじるんでしょ?

その目的でしょ?

そう相手に思わせている時点で社会人の身だしなみとしてアウトですよ。 

あとタイピングとかしづらくないのかな、と思います。それとも案外慣れてるので問題ないのでしょうか。

伸びた爪が起こす悲劇① 

女性にだって嫌われてしまいます。

例えば朝の通勤時に電車に乗っていたとします。

目の前には見知らぬ女性。美しい髪。ほのかに漂うシャンプーの香りに誘われてその髪を爪の伸びた手で触るあなた。

間違いなく。まちがいなく嫌われますよ!

『ちょっと!そんな爪の伸びた手で触らないでよ!』と。

「家を出る前に爪を切っておけばよかった…」そう思ってももう遅いのです。いたたまれなくなったあなたはダッシュでその場を去ることでしょう。でもそんな時もホームから線路に飛び降りてそのまま線路を北上してはいけません。夕方のニュースで3番目に報じられる程度には大事になりますよ?

伸びた爪が起こす悲劇②

あるいはちょうど今歓送迎会の時期です。

例えば会社の送別会で仲の良い同僚の異動に切なくなりいつになく酔っぱらったあなたは社長のハゲ頭をぴしゃぴしゃ叩きながら「給料上げてくれよー」と絡んだとします。

社長はこう思うわけです。「イタイイタイ!爪が直接地肌に当たってるよー」と。

するとどうでしょう。同僚の送別会がたちまちあなたの送別会にもなるのです。アディオスです。この時期ハローワークはかなり混雑するので大変な思いをしますよ?

スーツの値段なんて知らんがな 

どうでしょうか?

爪が伸びていることで日常の様々なシーンで不利を被ることになり得ます。

ビジネスシーンで商談をする場合でも同様です。

メンズ情報誌やネットではデキる男になりたきゃイイモノを身に付けろ!みたいなことを書いてますが、身だしなみにお金をかける必要はありません。なぜならあなたの着ているスーツやネクタイや履いている靴の値段を正確に当てられる人なんてほぼいないからです。だからスーツやワイシャツのシワを伸ばしておくとか靴は磨いておくとか、清潔感を与えることに気を配っておけば別にブランド品を身に付ける必要性はありません。

でも爪が伸びているか、いないかは見ればすぐにわかります。正解か不正解か誰もが容易に判定できる事柄です。

「爪を揃えることもこともできないんだったら、期日までに書類を揃えることもできない人なんじゃないか」と相手に思われるかもしれません。

爪が伸び切って「邪魔だなぁ」と感じるようになってやっと切る人と、邪魔だなぁと感じる前に先んじて処理をしておく人。どちらがデキる人かは明白です。だいたい爪切りって2分もあればできることです。そんな簡単なことで評価に差がつくんだったらやっておいた方が良くないですかっていう話でして。

まとめ 

別にやすりでよく磨いてツヤを出したりマニキュアを施したり、そこまでする必要はありません。ただ単に爪が伸びすぎてないかちょっと注意するだけでいいのです。

身だしなみの第一歩は爪を切るところから。

能ある鷹は爪を隠す、でいきましょう!