読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginger-yell

辛口エール

諦める力を持てばいいんじゃない

スポンサーリンク

諦めてください。いきなりなんのことかと思われるでしょうけど、まずは諦めましょう。

こんにちはジンジャーです。

 

今の世の中諦めないことが肝要だと言われています。スラムダンクの安西先生の「諦めたらそこで試合終了ですよ」の影響でしょうか。例えばアンチエイジング。美容業界は僕らに歳をとるな、と迫ってきます。幾つになっても若々しくいたいでしょう?異性にだってモテモテですよ?シミやシワだらけなんて嫌でしょ?今は60歳でもまだまだ若い部類。第2の人生を謳歌しましょうよ?そこでこの美容液のご紹介!

 

出会い系のネット広告なんかも実によく目にします。こっそり素敵な彼女作っちゃおうよみたいな。こっそり作る意味がよくわかりませんが。もしかするとこっそり作ることにものすごく大事な意味があるのかもしれません。あれだって現実生活でモテない人にネットなら素敵な出会いが待ってるよ?彼女作りを諦めないで!ってことでしょう。そして(大半は)存在しないジュンだのマリだのミズキだのにコンタクトを取ろうと試みるのです。

 

もしも自分の親しい女友達から「彼氏ができたの。役者の卵(42歳)なの。夢を追っていてカッコイイのよ」とでも打ち明けられたらどうしましょ?その卵はうずらの卵一個分の価値も多分ないよ。ヨード卵の方がよっぽど栄養価が高く人体のためにはいいよ。そういえば今日は卵の特売日で買いに行かなきゃならないからもう行っていいかな?そう言って席を立ちましょうか。

 

「誰もが知る有名企業に入ってビッグプロジェクトを任されバリバリキャリアを築きたい!」そこのあなた。世の中の90%以上は中小企業なんです。東大か京大か一橋か上智か慶應かとにかくそこら辺の一流大学に入り直しましょう。卒業証書を持ってもう一度いらっしゃい。東進にでも行きますか。いつやるの?今でしょ‼︎

 

夢はいつか必ず叶う。自分の人生を手に入れる。充実生活。仕事。お洒落な家。素敵な彼女。高い生活水準。車。洋服。SNSにアップするため撮る写真は年間3億枚。キラキラした人生を手に入れるはずの自分。なんでもお望みのまま。ワタクシの辞書に諦めるという文字はございません。しかし…

 

諦めるという字を見てください。帝の言です。

ミカド、エンペラー、皇帝、王様呼び方は何でもいいです。地上最高の権力者。現人神です。唯一絶対の声を持つ人の言葉。それが諦めるということです。例えば殿様が「秋刀魚は目黒に限る」と言えばその瞬間から秋刀魚は目黒の特産品になるのです。目黒に縁もゆかりも無い秋刀魚はしかし自分を育んだ青い海と潮の匂いに満ちた水揚げされた漁港を懐かしむことを諦めなければなりません。生粋の目黒っ子ですわエヘヘ。という顔を作らざるを得ません。明らかに裸に王冠だけかぶったトンチキでもそいつが王様で「ワシ服着とるやろ?この衣装素敵やん?」と言い出したら笑うことを諦めてください。もちろんツイッターで「アイツ裸www」などと呟くことも諦めてください。情報は統制されるのです。世の中には自分の力ではどうすることもできない天の声や天の配剤というべきものがあります。それが諦めるということです。何しろ生殺与奪権を持っている最高権力者のお言葉です。どんなに理不尽でも従わざるを得ません。

 

僕の人生にも様々な出来事が降りかかります。その大半は僕が手に入れられないものを見せるだけ見せつけた後で諦めろんwwwと迫ってくるものです。

 

なので諦めます。

 

僕は歳をとる。老いる。最近視力が衰えました。白髪もちょこちょこと目にとまるようにまりました。髪だけじゃ無いですよ?鼻毛とか隠毛とか。マジかと思いましたがマジなんですねー。アンチエイジングを全否定はしません。ほどほどなら努力としてはアリだと思います。ただ20代に見える40代とか目指しません。それよりは賢そうに見える40代とかを目指します。*賢くでは無いです。あくまで「賢そう」なんです。

大企業でビッグビジネスに携わるのもまぁほぼ無いでしょう。独立した今となってはそもそもどこかに正社員として就職し直すことは考えてはいませんし。ボーナスとかいいなぁとは思いますが。自分で自分に出すしかありません。ボーナスも自作自演です。結婚して子供もいる身なので今後可愛い女の子とお知り合いになってもキャッキャウフフと恋愛に発展することはないでしょう。そういうのを諦めているのです。

 

人生で自分が望むものが総て手に入るなんてことはありません。むしろ大半は手に入らない。帝は言います。「お前には与えない」あるいは「お前から取り上げる」…

帝には逆らえません。諦めましょう。

 

ここに至って僕は思います。諦めるのは悪いことなのか。今の世の中「諦めないで」「頑張れ」のオンパレードです。蛍光ネオンに彩られた山車の玉座に乗せられわっしょいわっしょいと人生をパレードするのです。毎日がハレの日。沿道には死んだ目をした売り子が立ち並び色とろどりの花を差し出します。

「さぁこの花を買えよ!諦めないで本当の自分を手に入れな!」

 

諦めないことは時に苦しい。

自分にはどうやっても手に入らない物を持ってる者を見ては歯噛みする。あの娘が好きだけど手に入らないならメッタ刺しにしてしまおう。小学校をどうしても開きたいから政治家に働きかけよう。そして他人と比較して落胆したり嫉妬したり優越感に浸ったり。

しかしだね、諦めることで見えて来る世界もあるんだな。何かを捨てることで別の何かが手に入ることもあるでしょう。世の中の99.9%は自分の力ではどうにもならないし手に入らないものである。そんな物を眺め暮らしても決して幸せにはならない。自分に配られたカードの中で満足することが人生を自分のものにする第一歩だと感じるのですがどうなのでしょう。

 

2,000字をかけて諦めることの肝要さを説いてきた僕ですがこれにはわけがあります。今日は胃がすっかり坦々麺でした。熱々で辛辛で旨旨なヤツ(ゴマ多めで)を頬張りながらビールをグググっと。何せ第2回プレミアムフライデーです。

それなのに。右の下唇のところにまあまあ大きい口内炎が君臨したのです。今の僕の口の中は彼が帝なんです。どんなものを口に運べるかの決定権は彼が握っています。そして彼は坦々麺にNGを出したのです!「冗談じゃない!」僕は抗議しました。しかし彼は食い気味に「貴様ンこそなんば言いよっとかッ!坦々麺げな食いよったら死んでしまおーが」と一喝されたのです。

だからまあ自分を納得させるために僕は諦め教団に入信することにしたのです。口内炎のヤツだっていつまでも僕のお口に居られるわけではないのだから…そうして ケナログを塗り込みながらこの記事を書いている次第です。

 

今回は口内炎に効く治療を知りたい一心ですというお話です。

ではまたね!

Copyright © 2017 Ginger-Yell All rights reserved.