読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginger-yell

働き方、生き方、考え方のバージョンアップを(できるだけ楽に)目指すブログ

絵本専門士の資格取得を諦めた話

LIVING

スポンサーリンク

久しぶりに資格取ってみたい

絵本専門士って知ってますか?

僕はついさっきそのような資格があることを知りました。

第一印象は「おもしろそう!」でした。

 

子どもに読んであげることもあるため、割と絵本には接する機会があるほうです。五味太郎さんとかエリック・カールとかtupera tuperaあたりは絵柄が好きです。大人でも結構楽しめちゃうぞ、と思います。それから「百階建ての家」シリーズも子供たちは好きですね。結構長いけど。「専門士」っていうくらいだからもう絵本のエキスパート、映画界で言う水野晴郎みたいなものですか?子供たちにも受けそうだ。シベリア超特急で資格が取れるようチャレンジしてみようかな…なんて考えてました。

ハードル高っ!

絵本専門士 | 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

とりあえず調べてみました。

最近作られた資格のようですね。しかし…何か講座受けなきゃいけないようですが、その講座を受講するのに一定の資格がいるようです。

子供や絵本に関連する資格を有する者
●絵本に関わる実務について、原則として3年以上の経験を有する者
●絵本に関わる活動に携わり、原則として3年以上の経験を有する者
●絵本学や児童文学、美術について研究実績を有する者   等

要するに司書とか保育士とか学校の先生とか絵本関係の出版社勤務とかってこと?

てことは普通のパパママはなれないのか。そして東京でしか講座は受けられないみたい。さらに定員が最初から決まっている…僕はてっきりweb受講とか可能だと思っていたので東京限定とか言われたら地方在住者はお手上げじゃん。しかも定員が決まっているってさぁ。絵本を広めたいのじゃないのかよ。それともプレミア感を出したいのか。

この辺から偏屈な僕はだんだんと「ん?ん?ん?」と思い始めました。

保育士に人気の資格ってマジですか!?

絵本専門士は保育士さんに人気の資格らしいですね。確かに読み聞かせをする機会は圧倒的に多いですもんねぇ。少なくとも司書や小学校以上の教師よりは多いと思います。で、気になる受講料ですが…50,000円!!

意外と高い。

確かに講師は有名な作家さんが務めたりしているけど。でもさぁ。保育士にとって50,000円って高くない?それこそ保育士の給与を上げようという機運が高まっているけど裏を返せば現状の給与はだいぶ安い。地方の私立だと手取りで13~4万とか珍しくない。そういう人達にとって50,000円って相当な支出だよ。

2秒で諦めました

独行のすべてが悪いとは言わないよ。でもねぇ…独行が絡んだこの資格。入口の狭さやターゲットの人たちにとっては結構高い受講料。な~んかイヤな感じがするんですよね~。きな臭いというか。邪推のしすぎか。偏屈だとは自覚してますが。確かに子どもたちが読書にもっと親しみ興味を持たせるような専門家は必要だと思います。でも間口は広くしてほしいなぁ。ていうか最後は専門家かどうかより愛があるかどうかなんだけどね。

 

ということで絵本専門士になることは2秒で諦めました。

今まで通り無資格無免許でもぐりの絵本読み聞かせ士(3級)でいきたいと思います。

Copyright © 2017 Ginger-Yell All rights reserved.