ジンジャーエール

辛口エール

読者増やすことだけが目的のブログ運営だといずれ疲れて1年持たないと思う

スポンサーリンク

3連休の最終日は家族付き合いしている友達連中と海に行きまして。しばらく見ないうちに友達の子どもが大きくなっていたり、僕の息子がこの春から保育園のスイミングスクールに行き出してて意外と泳げるようになっていることを知りちょっと感動したり、海水浴の後は旅館でみんなで風呂入って(女風呂は覗けませんでした)宴会して「また来年!」(いや毎月会って飲んでるんだけど)と楽しく過ごさせて頂きました。

 

読みに徹する時間は楽しい 

で、1日パソコン触らずにブログも放置していました。

そして今朝、はてなブログにログインしたら僕が読者登録させてもらっているブログがたくさん更新されていました。

“購読中のブログ”が「20+」となっているのなんて初めて見ました。

それで一つひとつ読んだのですが、まぁ時間が掛かります。僕が読むのが遅いということもあるのですが、気になったらスター付けたりコメントしたりブクマしたりといていたら意外と時間が経っていました。

でも自分が好きで読んでいるブログなのでその辺の時間経過は気になりません。

 

読者が欲しい注目ブログに載りたいホテントリしたい

そんな中ふと思いました。

よく自分のブログの読者数を増やすには、とにかくいろんなブログの読者になると良い!と言われます。どんなに内容の良いブログでも読まれずに埋もれていることはあります。というかそのようなものが大多数ではないかとすら思います。はてなブログだけでも何個のブログがあるのかはわかりませんが、とにかく何もせずにいきなり大注目を浴びるブログになるのは至難の業だと思います。僕自身もはてなグループに参加したり「お題チャレンジ」したりTwitter始めたりとそれなりにはやってます。

自分自身を売り込むことも時には必要だと思います。

 

1,000のブログの読者になって相互登録しようぜ!

ただね、思うんだけど自分のブログに100人の読者がつくことを目的として仮に他人のブログ500個の読者になったとしてさ。例えば1/5の人がフォロバしてくれて読者100人達成したとして僕は嬉しいと思うのだろうか。また500のブログが更新されるたびに全部今までと同じように読むのだろうか。

読むのは面倒くさいけどスターやらブクマやらしとかないと読者登録外されるかもしれないし…などと考えろくに読まずにスクロールしてちょろっとスターだけつけてしまいはしないだろうか。そんなことして果たしてブログ生活を長続きさせられるのだろうか。とても不自由で窮屈な感じがする。

フェイスブック離れ(又はSNS離れ)というのは結局、たいして“いいね”と思っても無いけど付き合いでやんなきゃいけないことにだんだん嫌気がさしてフェイスブック自体を辞めてしまうことだと僕は理解している。同じことがブログでも起きることに繋がらないんだろうか。

 

ななめ読みすればいいじゃない

元々僕がブログを始めたのは「何か新しいことを始めてみたい」「文章を書くことは好きなので(上手いとは言ってない)自分の経験や知識を表現してみたい」「自分が知らない世界の人のブログを見てみたい」というような動機からだ。

だから僕が読者登録させてもらっているのは皆、僕が心から面白い、興味があると感じたものばかりでつまり読み飛ばすことなんてないものなのです。そんなことをするぐらいならブログを辞めた方がいいとさえ思います。

 

僕にとってブログは「書くもの」でありあるいは「読むもの」です。

なので書きたくないことは書かないし、一方で読み飛ばすことも選択肢としてありません。

読者数とかPVとかアクセス数とか増えればもちろん嬉しいけどそれが自分のブログの指標になることはないです。

もちろんマネタイズとなればそのあたりに敏感になるのは当然だとは思います。僕は今のところアドセンスもアマゾンや楽天アフィリエイトも登録してませんが、今後やることになったら、逆に自分がどこまでやれるかゴリゴリやるかもしれません。一つの挑戦として。

 

細く長くほどほどに

そのうえでも普段読んでるブログはとてもためになります。“稼いでる”ブログもたくさんあると思いますがだいたいは自分が楽しんで書いたことで、結果としてお小遣いが得られて嬉しいな、くらいの感じなのかなぁと思えます。やはり長く続けるためには短期的な結果を求めるよりも長期的に続けられる要素を掴んでおくことが肝要なのかなと。

お金や名誉が必要なら本業でやればいいことです。ブログが本業の場合は別ですが。

 

読者数やPV数に拘泥するのは承認欲求であって、より一段高い自己実現欲求を最初から掲げる方がより楽しいブログライフを送ることができると思うのですがどうなんでしょうか。

 

読者が2,000人いて毎月30万PVを誇るブログは最強のブログかもしれません(はてなでは)。でも僕が目指すのは最強のブログではなく最高のブログです。

最強というのは他者との比較の上に成り立っているもので、割とあっという間に廃れます。あるいはモチベーションを維持するのが難しいと思われます。

でも最高だったら必ずしも他者との比較を要しません。単純に昨日の自分よりいい記事が書けるようになればいいだけです。

ふとそんなことを思いました。