読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginger-yell

辛口エール

ブログがブログであるために

スポンサーリンク

ここのところブログのあり方についてちょっと悩んでいる。

方向性というのが未だに定まらない。

くだらないことを書いたかと思うと、すごくマジメなテーマに取り組んだりもする。どれがホントなのか分からなくなるし、そもそもブログで何を表現したいのかも分からなくなってくる。

意識高い風に言うとセルフブランディングに失敗しているということになるのだろう。

強みとか差別化とか付加価値とか全然ない。意識もしてない。ただ何となくダラダラと書いてるだけなんじゃないだろうか。

自分自身がこういう状態で、わざわざ時間を割いて読んでくれる方に響くものを提供できるとは思えない。

ていうかそもそもなんでブログ始めたんだっけ?

  • その時感じたこと思ったことを残しておきたい忘備録として
  • 自分のこれまで得てきた知識や経験がどこかの誰かの役に立てばいい
  • ブログを通じて自分が知らない世界の人たちと交流出来たら楽しそうだ

こんなとこだろうか。

これがどこまでできているのか分からない。全くできてないのかもしれない。

実際、自分の仕事というか専門分野に特化したことについてははてな以外のところで別にブログを作った。社名や顔や名前を出した完全オフィシャルなものである。

ただこうなると無責任なものを書くわけにはいかず内容も厳選し、よく精査しなければならない。はてしなく面倒なものである。もともとこういう事に超疎い人間でもあるし。結果、3か月経って3つしか記事を上げていない。なんてこった。

 

そこへ行くとこのブログは自分に対する制約もほとんど設けず好きに書いてる。

確かにセルフブランディングには失敗している。いやセルフブランディングが無いことがむしろ僕にとってのセルフブランディングだ。禅問答か。ただの言い訳です。

 

セルフブランディング(しつこい)については喫緊の課題としたい。

いっそのことはてな内でもう一つブログを作って棲み分けをしようかとも考えたり。

それと今ちょうどブログデザインも変更中で気分転換にもなってます。

 

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならないと歌ったのは尾崎で、僕は勝ち続けられるかは分からないけど、今決めたこのブログの裏テーマ自由と挑戦を標準装備してやっていこうと思う。