読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginger-yell

働き方、生き方、考え方のバージョンアップを(できるだけ楽に)目指すブログ

しらみつぶしにしらみをつぶす

スポンサーリンク

朝、事務所に到着する。

パソコンの電源を入れる。ブーンという機械の音が静かな部屋にこだまする。

メールやニュースをチェックしながら淹れたてのコーヒー(インスタント)をすする。

 

携帯が鳴る。妻からだ。ドキッ。何かあったのか。

「もしもし…」

「あ保育園から連絡があって、子供(長男)の頭にシラミがおるって」

 

へ?シ、シラミ?

「で、私仕事抜けられないから今からお迎えよろしく」

こういう時自営は融通が利くと思われている。まぁ実際利くんだけど。

でも…片道20キロを自転車で…さっき事務所についたばかりなんですけど。

仕方ない。

なんでも専用のシャンプーがあってそれで洗い流すそうで、薬局に売っているとか。

スミスリン。初めて聞いた。とりあえずちょっとネットで調べてみる。

シャンプーっていうよりは殺虫剤のようだ。え?殺虫剤頭にかけるの?一応厚労省の認可は受けてるようだが。で、他の方法はないか探したら専用の梳き櫛がお奨めされてた。ほうほう。ニットフリーコームというのか。

ぼくの住んでいる地域だと東急ハンズにしか置いてないみたいだ。

事務所➔ハンズ➔自宅は距離や方向的になかなかの遠回りコースだ。うーん。

が、仕方ない。とりあえず在庫があるか電話してみる。

ちなみにこの時の僕は心の中で結構焦っていた。

(自分の子どもにシラミが湧くなんて。不潔ってことか?いやいやそんなことない。

どこかから貰ってきたのかな?なんかやばいのかな?)

初めてのことだったので必要以上に悪く考えていた。

んで電話したのだけど「すみません。そちらにニットインコームありますか」

間違えた。伝わらないじゃん。と思ったけど、

「ニットフリーコームですね。はい、在庫はございます」とさらっと間違いに訂正入れつつ(ぼくのメンツもつぶさずに)すばやく確認してくれたハンズガール、ありがとう!

 

息子を連れ帰ってさっそく髪を梳いてみる。一梳きごとに櫛をお湯を張った洗面器につけてみる。

ぎゃあああああああ。めっちゃいるやん!ぞわぞわ…

3~4日地道に櫛で梳いて髪を切らずにシラミ退治に何とか成功した。そういえば保育園で最近坊主の子多かったな…

あと最近なるべく自分のことは自分でさせようとお風呂でも洗うのは息子自身にさせてる(なんか表現がやらしいな)。その結果洗い足りなくてシラミが居つきやすい頭になっちゃったようだ。シラミがいる=不潔ってわけではないようだね。

 

しかし文章が全然まとまらない。頭を掻きむしりながら書いてます。

そう言えば最近頭がかゆいんだけどさ。少し暖かくなってきたとはいえまだ空気も乾燥してるんですかねぇ。

Copyright © 2017 Ginger-Yell All rights reserved.