ginger-yell

辛口エール

自衛隊の私物化は本当に怖い。稲田大臣のように地位に恋々としている人がトップだとなおさら怖い。

スポンサーリンク

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK82_senkyokatudou_TP_V1.jpg

稲田防衛大臣が都議選の候補者応援の演説で「自衛隊として」投票をお願いしたいという趣旨の発言をしました。

言葉もありません。

自衛隊員は政治的活動を禁じられていることを知らないわけはないと思います。自衛隊のトップですよ?しかも元々は弁護士でしょ?絶対に分かった上で言ってるねこれは。

暴言失言のレベルではない。自民党として、防衛大臣として、自衛隊として自分達の候補を支援してるので投票お願いね、ということがどれだけ異常なことなのか。権力者が軍隊を私物化して暴走したらどうなるのか。

例えば自民党に反対する人間には自衛隊の力を使ってどうにもできるんだぞ、と捉えられなくもない。現実にそういうことがあるかどうかではなく、そういうこともありうるんだ、と思わせる時点で民主国家としての体をなしてないのではないか。

例えば企業でいえば社長が従業員に対して「(実際にやめさせるわけではないが)お前らいつだってやめさせることはできるんだぞ」と言ったらどうでしょうか?パワハラ体質の会社として炎上するでしょうし、そんな社長の元で働きたいと思う人はいないのではないでしょうか。

 

 

稲田大臣はこの発言を撤回しました。

しかし撤回して済む内容ではないでしょう。だって大臣として、自衛隊のトップとして明らかに異常な感覚を持っているということを露呈したのだから。

が、稲田大臣は辞任するつもりはない、職務を全うしたいと語っています。

加計学園問題の時たしか菅官房長官は前川氏を「(天下り問題の時に自発的に事務次官を辞任しなかった)地位に恋々としていた方だった」という発言をしていました。前川氏の発言の信用性を低下させる狙いの個人攻撃で、これを聞いたときはずいぶんみっともないことする権力者だなぁと感じたのですが。菅官房長官には今こそ稲田大臣に「地位に恋々としてみっともないから辞めなさい」と言ってほしいなぁ。

まぁ言わないでしょうけどね。

 

やっぱり権力者というのは一度やったらやめられないものなのだろうか。

いまさら言うまでもないがジョン・アクトンの言葉を思い出す。

「権力は腐敗する、絶対権力は絶対に腐敗する」