読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginger-yell

辛口エール

的場文男が7000勝というけれどその何倍も負けてるんだよな

スポンサーリンク

大井競馬所属の的場文男騎手が史上2人目の地方通算7000勝を達成したそうです。的場文男騎手は現在60歳。地方競馬の最多勝利数は佐々木竹見氏の7151勝。このままいいけばトップに立つでしょう。

 

しかし7000回も勝つなんてスゴイ。

常に勝ち続けてるんでしょうな。

って思ったら案外そうでもない。的場騎手の通算勝率はおよそ1割8分。つまり10回レースをすれば8回は負けている。全部で39000騎乗ほどだから7000勝していても32000回は負けているのです。(それでも勝率1割8分はかなり高い方だ。1割を切る騎手も沢山いる)

 

しかし32000回も負けるなんてスゴイ。

そんなに負けて嫌にならないのかな。

勝った時の喜びがよほど大きいのか。とにかく馬に乗るのが好きなのか。ドМなのか。アホなのか。これだけ負けても続けられる理由ってあるのだろうか。

 

的場騎手はもちろん名手だろう。技術は確かなものがある。それでも負けが続いた時にふと「もしかしたらこの先一生勝てないかもしれない…」などと思わないんだろうか。

例えば営業マンで、何やってもどうしても売れない時がある。「俺この仕事向いてないかも…」そう思う日がある。

例えばクリエイターで、全然何のアイデアも出ない時がある。「わたし才能がないのかも…」そう思う日がある。

 

そんな時はどうすればいいのか。

そんな時は

マトバフミオを思い出せ。

 

32000回も負けた男マトバフミオ。(まぁ7000回も勝っているがww)

1番人気で負けたことだってあるだろう。それはもう地方競馬場に集う、どて煮なみに濃いおっさん達の罵詈雑言をどれだけ浴びたことか。

「テメェ金返せー!バカヤロー!!」とかなんとか。(しかし実際には地方競馬に集うおっさん達は歯が抜けているため「テフェファへファエシェ!ファファヤロー!!」と聞こえてしまい罵詈雑言と認識されてない可能性はある)

 

人生勝ちっ放しではいられない。

人間1度の失敗くらいではそう簡単には終わらない。世の中には負けるのが上手い人がいる。そしてそういう人の方が不思議とトータルでは成功していたりする。僕の周囲にも会社を1度倒産させてしまったけど再起して前以上に成功している人がいる。ユニクロの柳井氏も1勝9敗を売りにしている。

 

 負けることは死ぬことではない。終わりでもない。

僕なんかまだ人生で32000回どころか3000回も負けてないと思う。

だからまだたくさん負けていいと思っている。(しかも僕は7000勝もしようとは考えてない。そう考えると自分の人生に課したハードルはかなり低い)

 

どうしても勝ちたかったら、なんか適当に自分が勝てることを設定すればいい。

いつもより綺麗にヒゲをそれた、とか今日淹れたコーヒーはおいしかったとか。

 

7000勝はもちろんスゴイけど、32000回も負けてしかもそれを40年以上も続けてるのが本当にスゴイんだよなぁ。

苦しくなったらマトバフミオを思い出そう。

世の中には32000回も負けた偉大な男がいるのだ。