ジンジャーエール

辛口エール

私刑とやさしさ

スポンサーリンク

少し古い話題になりつつある年末の「笑ってはいけない」シリーズでのベッキーへのタイキック。これっていいのか悪いのか、いろいろと考えさせられました。

 

ベッキー本人は「タレントとしてはありがたい」と語っており、本人がいいと言ってるんだからいいじゃないかと考える人もいるみたいです。一方でベッキーがまさか「すごくイヤでした。あんな仕掛けがあるとわかってたら出演を承諾していません」なんて言えるわけないよなぁとも思います。

 

問題なのは「禊」って部分でしょうね。ベッキーといえば不倫問題で好感度の高い超売れっ子タレントから一気に活動自粛に追い込まれました。当時から感じていたけど正直そこまで叩くかね?と思うほど罵詈雑言を浴びていました。なんか世間の空気的に「こいつにはなに言ってもいい、なにやってもOK」みたいな気持ちの悪さがありました。

 

だいたい不倫なんて当事者間の問題であって、他人には関係ないんですけどね。ベッキーがイヤなら彼女が出ている番組を見なければいいだけです。それを人格や存在まで否定するほど叩くのは明らかにやりすぎ。

 

今回のガキ使でも当事者でもない芸人たちが「スッキリしないですよね?」とか「禊だから!」とタイキックを強制していました。あれを芸人なりの「やさしさ」と捉えることもできるかもしれません。実際あれでベッキーの世間の印象が少しでも良くなったのであればベッキーとしては本当にありがたいのかもしれません。しかし一方でやはり当事者でもない人間が、価値観や正義や世論をバックに私刑を行うというのは受け入れがたい気持ちもあります。

 

あれがテレビの中だけのお話で、ほんとうに特殊なのもだということを理解できるほどテレビを見ている人は成熟してないんじゃないかという懸念もあります。それこそ最近問題になっているYoutuberのローガン・ポールなんかはどうでしょう?日本滞在中にやりたい放題やってめちゃくちゃ胸糞の悪い動画を世界中に配信しています。テレビにしろYouTubeにしろ見続けていれば感覚が麻痺してしまうんじゃないでしょうか。作る方も見る方もとにかくウケさえすればいい、みたいな感じでバカになっていく。ローガン・ポールにも信者がいて「あれぐらいいいじゃないか!そんなことでいちいち目くじら立てるなよwww」と言うかもしれない。でも普通に考えれば目くじら立てることだろ、と。(彼のYouTubeアカウントは停止したほうが良いと思う)

 

学校や職場でこうした私刑が「やさしさだから」と都合のいいように解釈をつけて 横行するようになるでしょ。いやもうなってるのかな。

なんだろう、相撲部屋で「かわいがり」と称して後輩をボコボコにしてたでしょ。ああいうのと同じような感じがする。

「これは指導だから」とか「本人は嬉しいんです」とか。ウソつけよと思います。指導や禊を暴力で補うってのがホントにもう時代遅れな感じがします。

 

余談だけど、こうしたテレビの内容に外野が文句を言うことで自主的なものを含めて規制がかかってテレビがつまらなくなった(もしくはつまらなくする)論だけど、そもそもテレビって昔もそんなにつまってたわけではないなぁと思うんだけど違うかな?昔のテレビは文句なしに面白かったって前提で話すのには違和感を感じる。