ジンジャーエール

辛口エールで一杯ひっかける

フリーランスの品格

そこにはやたらと仕事のできるフリーランスがいる。 いくつもの難易度の高い資格を持ち、仕事は早く正確。ムダを嫌い日本的な労働慣行とは無縁で自分を貫き通す芯の強さがある。残業はバカがやることだと内心思っており、自分で仕事の配分を決められるフリー…

セクハラしたいと思うのは個人の自由?

香川大の教授が「趣味はセクハラ」と公言し炎上しています。 どうやら表現の自由を守るため、という大義のもと趣味はセクハラと公言するに至ったようです。 で、この三原麗珠という教授のツイッターを覗いたら、まあ気持ち悪い(笑) そして言い訳が多い。 自…

1年生になったら

うーーーーーん。 小学1年生ってこんなんなの?Yes, こんなもの - Bygones ! 僕も今年から子どもが小学校1年生になりました。 なのでわかります。 いろいろ大変ですよね。 で、この記事も読みました。 小学校入学が子どもにとってどれだけしんどいイベントな…

武士道とは死ぬことと見つけたり(ない)

SAMURAIの精神はどこいった!と怒ってる人がいる。日本代表のパス回し問題。醜い真似して生き残ろうとするな。美しく散れ。そういう人たちがいる。 僕はいつも不思議に感じる。 なぜ彼らは太古の昔から、日本のサムライは「武士道は死ぬことと見つけたり」的…

西野ジャパンが見せた究極のトレードオフ

いろいろ言いたいことはあります。ほんともやもやしています。 西野ジャパンがW杯ロシア大会のGL最終戦、ポーランド戦で見せた“時間稼ぎ作戦”が賛否を呼びました。 僕自身はあの場面でああいった戦術を採るのはごく当たり前のことだと考えています。 そして…

カラスの勝手でしょ

カラスなぜ泣くの カラスの勝手でしょ 懐かしい。ドリフで志村けんが言ってたのかなぁ。僕はまだ未就学児だったので記憶があいまいですが。あの当時はただ単に笑える替え歌だったのが、いまや笑えなくなりました。 自民党の二階俊博幹事長が「最近では子ども…

福岡

何か福岡で昨日おっきな事件が起きたようです。はてな界隈ではその件についての話題で一杯です。 その中で「修羅の国」とか「やっぱり福岡」みたいなブコメを見かけるんだけど、もやもやします。 福岡=修羅の国だとか危険な街というのはネット上で定着して…

残業代が補助金なら派遣の中抜きはなんだと言うのだ

竹中平蔵氏が本音を語った。その内容がなかなか酷い。 東京新聞で高プロについてご高説を開陳しているのですが、その内容があまりにドイヒーなものだったので多くの批判が集まっています。 竹中平蔵氏は高プロの推進派で、高プロこそが日本経済を活性化させ…

SuchmosのVOLT-AGEはサッカーファンとしてのリトマス試験紙

ワールドカップといえば各テレビ局が毎回イメージソングを起用していますね。特にNHKは放送数が多いこともあり注目が高い。過去にはSuperflyのタマシイレボリューションや椎名林檎のNIPPONとか。僕はドラゴンアッシュのFANTASISTAが印象に残ってるかなぁ。日…

御パレード

若者に人気のRADWIMPSの新曲がなにやら騒動になっています。 「HINOMARU」というアレなタイトルの曲の歌詞がまるで軍歌のようであるとして批判され、それに対していや表現の自由だとか侃侃諤諤。 まるで就活生 個人的な感想を書くと、非常にペラい歌詞だなぁ…

どこよりも気が早いサッカー日本代表次期監督

いよいよ始まりましたワールドカップ! 日本代表はどうなるのでしょうか? 大会直前になってハリルホジッチ解任という荒業に出たことは協会の評判を大きく落としました。なんかハリル可哀想という、よくわからない同情論が飛び出たり。 僕はハリルホジッチ解…

是枝監督に見る助成金と公権力との距離感

是枝監督の最新作「万引き家族」がカンヌ映画祭で最高賞を受賞しました。 内容については実際に見てから感想を書きたいと思ってます。ハイ。 しかし受賞直後から映画と是枝監督を巡ってバトルが繰り広げられています。愛国的?な人たちからは、日本の不都合…

もし日本代表がW杯で3戦全敗しても僕らの生活は何も変わらないという事実

いよいよ今日、W杯が開幕します。4年に一度の祭典。世界最大のスポーツイベント。なのに盛り上がってない。なぜなんでしょうか。 いや理由はわかります。ハリルを切ったあたりからの協会批判。アンチ西野ジャパン。そして一部の代表選手はハリル解任の黒幕だ…

残業命令に強制力はある

田端信太郎氏がまた炎上しています。また、なのかまたまた、なのかいつもどおり、なのかそれはさておき「過労自殺は自己責任」という一連の田端氏の主張の中であきらかに誤った認識の事柄がありますので、指摘しておきたい。そしてそこに日本の労働事情に関…

高度プロフェッショナル制度導入と引き換えに労働者が要求すべきもの

いろいろと批判の多い高度プロフェッショナル制度。グレイな点が多く(たとえば職種を省令で定めることができるのは抑止のためのハードルが低くないかといった点)、過労死の増加に繋がると多くの人が懸念しています。しかしながら政府は数の力を背景に、た…

傷ついた若者を政争の具にしたのは安倍首相自身だよ

日大アメフト部幹部の、学生に責任をなすりつける往生際の悪さを「社会の安倍化」の一つだと評されています。そうした主張を繰り返す立憲民主党の枝野氏や辻元氏に対して有本香氏が激しく怒っています。ちなみに有本香は熱心な安倍信者だそうです。教祖様を…

日大アメフト事件について思うこと

日大アメフト部が関学との試合でラフプレーを繰り出し大問題になっています。特に関学のQBへの超レイトタックルは選手生命を脅かしかねない危険なものとして糾弾されています。またこうしたラフプレーについて監督から指示があったのでは?ということも問題…

セクハラはマナーやモラル違反という話ではない

セクハラ罪はないということほどセクハラをまったく理解していない言説はない。そしてこうした発言をしているのが副総理という日本の№2という事実は大変重いものがあります。

西郷の墓地で大久保法要に待ったをかける人たちが西郷の思想を何も理解してないという悲劇

西郷南洲はどういう思いで見ているのでしょうか。 NHK大河ドラマ「西郷どん」でまた注目されている西郷隆盛。そのスケールの大きな人間性や(源義経とか日本人が好む)悲劇的な最期。 その西郷どんを巡ってひと悶着が起きています。 rdsig.yahoo.co.jp 幼馴…

想像力が欠落した世界で生きること

口は禍の元、と言うが存在自体が禍なのではないかという人もいる。 麻生太郎財務大臣。 失言が多いと言われるが、結局おかしな思想の持ち主だということでしかない。 セクハラ罪という罪はない? セクハラは何の罪になる? 財務省の調査の問題点 歪んだ人権…

野党合同ヒアリングは官僚へのパワハラではないからね

夕刊フジでフリージャーナリストの安積明子氏が「野党合同ヒアリングは官僚に対するパワハラだ!」なる記事を緊急寄稿(笑)している。 まぁ夕刊フジも安積明子氏も熱心な政権擁護の姿勢をとっているので、こうした記事を書いたんだろうけど読んでみるとこの…

Amazonプライム会員が1億人突破!74人に1人はプライム会員

アマゾンのプライム会員が全世界で1億人を超えたと報じられています。 いま地球の人口がおよそ74億人なので、74人に1人がプライム会員だということになります。 すごいなぁ。 それだけ多くの人間がアマゾンに依存してたり情報を握られている状況の是非はさて…

小林よしのり氏のブログを読んだ感想

小林よしのり氏の「セクハラと痴漢とパワハラ、全部違う」というブログ記事を読みました。ちょっと指摘しておきたいことがあります。 言っておくが「セクハラ」と「痴漢」は同等の性犯罪ではない。痴漢は「違法行為」であり犯罪だが、セクハラは「不道徳」で…

社会学者・古市憲寿氏のセクハラ観が残念過ぎる件

財務省の福田事務次官(もう元事務次官か)のセクハラ問題が急展開を迎えています。そのことに関してはあちこちで報道されていますので、ここでは割愛します。 今回のエントリーは今朝(4/19)の「とくダネ!」を見て感じたことを備忘的に書こうと思います。…

なぜ相撲協会はちびっこ相撲で女子の参加を遠慮するように要請したのか

男子ならその後中学~高校あるいは大学と相撲部で腕を磨き、新弟子として相撲界に入ってくる可能性がある。つまり親方に取っては将来の大切な「米びつ」になる可能性があるわけだ。どういうことかというと、幕下以下の力士一人につき毎月7万円が相撲協会から…

はじめての万年筆はカクノがおすすめ

昔、人からPARKERの万年筆をもらったことがあったんだけど、なかなか使う機会がないまま放置していました。 で、最近万年筆使ってみたいなーと軽い気持ちでいたところ、アマゾンでいいのを見つけたので思わず買っちゃいました。 PILOTが販売している「カクノ…

入社式に親同伴?甘えと簡単に言えない切実な問題

超売り手市場の最近の就活では、いかに内定者を逃さないかが企業にとって大きな課題となっています。中小企業の経営者に話を聞くと、決まって人手不足の話になります。待遇改善すればそんなの一発で解決するよ、とは思いますが、中小零細企業ではそうそう簡…

ハリルホジッチの解任は当然だ

ハリルホジッチがとうとう日本代表監督を解任されました。後任は西野朗氏です。ここ最近の日本代表は雰囲気も悪いし、結果も出てないしで解任そのものは妥当だと感じてます。むしろ遅いくらい。 独裁者ハリルホジッチ ハリルホジッチといえばPSGの監督時代に…

土俵に女性が上がれないのはまったくもってナンセンスだという話

大相撲の巡業中に、土俵の上で倒れた多々見良三舞鶴市長を救護しようとした女性に対し行事が「土俵から降りてください」とアナウンスしたことが問題になってます。相撲では土俵は女人禁制というしきたりがあって、それが改めてクローズアップされることにな…

結局パワハラはあったのか

世間を賑わせたレスリングのパワハラ問題。栄強化本部長が伊調選手をはじめ複数の選手に対してパワハラと思われる言動があったと告発されていました。 今や日本のお家芸ともなった女子レスリングの基礎を築いたという意味では栄強化本部長の功績は大きいので…

Copyright © 2016 ジンジャーエール All rights reserved.